「有糸分裂」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''有糸分裂'''(ゆうしぶんれつ、{{Lang-en-short|'''mitosis'''}})とは、[[真核生物]]の[[細胞分裂]]における[[核分裂]]の様式の一つ。細胞分裂の際に[[クロマチン]]が[[染色体]]を形成し、この染色体が[[紡錘体]]によって分配される分裂様式のこと。有糸分裂を伴う細胞分裂のことを指して有糸分裂ということもある。対立する語は[[無糸分裂]]である。
 
[[二倍体]]正確にいえば、生殖細胞において[[相同染色体]]を分離させる'''[[減数分裂]]'''('''meiosis''')も有糸分裂の亜形であ(減数有糸分裂)。しかし近年ではこれ対して通常の有糸分裂というときには[[体細胞有糸減数分裂]](somatic mitosis)とを含めなことがある多い{{要出典範囲|おそらくちらが本来定義であるが場合単に有糸分裂と言ったときにいう語減数(本来の意味から離れるが)'''[[体細胞分裂を含めないこ]]'''が多ほぼ同義の語として用られる|date=2011年8月}}
 
== 有糸分裂の進行 ==
 
[[ファイル:Mitosis-flourescent.jpg|thumb|中期の細胞。ほとんどの染色体 (青) が中央に配列した状態。緑が紡錘体。]]
=== 間期(interphase) ===
間期は分裂期(M期)以外の期間を指す。
 
=== 前期(prophase) ===
[[染色体凝縮]]が開始する。[[核小体]]はまだ存在している。[[中心体]]が微小管形成中心として機能し、[[微小管]]の重合が進み紡錘体の形成が始まる。間期に複製された二つの中心体は、[[モータータンパク質]]である[[キネシン]]の働きで離れていく。
 
=== 前中期(prometaphase) ===
[[染色体凝縮]]がさらに進行する。核小体の消失が始まる。離れた二つの中心体は紡錘体極となり、そこから伸びた微小管が染色体の[[動原体]](kinetochore)に結合する。この微小管は動原体微小管とよばれる。下図は微小管が核膜内に進入している。[[核膜]]崩壊型の有糸分裂を行う生物では核膜が消失する。
 
=== 中期(metaphase) ===
凝縮を完了した[[染色体]]が細胞の赤道面に配列する。このときそれぞれの染色体において一対の[[姉妹染色分体]]が識別可能となる。染色体の各1セットが各々正しく紡錘体に結合しているかがチェックされ、これをる([[紡錘体チェックポイントという]])結合に支障がある場合は細胞周期が停止する。{{要出典範囲|この期は正しい染色体分配、ひいては細胞分裂のための本質的なステップと考えられている。|date=2011年8月}}
 
=== 後期(anaphase) ===
[[姉妹染色]]をつなげていた動原体付近のタンパク質([[コヒーシン]])が切断され、分離可能となる。それぞれの[[姉妹染色分体]]は分裂装置の働きにより、両極へと移動する。[[微小管]]の働きによって染色分体が移動すると共に、紡錘体極が離れていく。
 
=== 終期(telophase) ===
後期に分配された娘染色体が分散してクロマチンに戻る。核小体が再構成される。核膜崩壊型の分裂を行う生物では、核膜も再構成される。
 
| id = ISBN 978-4807907359
}}
* {{Cite book | 和書 | title =細胞の分子生物学 第5版 | author = B. Alberts他 著(中村桂子他 翻訳) | year = 2010 | publisher = ニュートンプレス}}
* {{Cite book | 和書 | title =Essential 細胞生物学 第3版 | author = B. Alberts他 著(中村桂子・松原謙一 監訳) | year = 2011 | publisher = 南江堂}}
* {{Cite book | 和書 | title =カラー図説 細胞周期 | author = D. Morgan 著(中山敬一・啓子 翻訳) | year = 2008 | publisher = メディカルサイエンスインターナショナル}}
 
== 関連項目 ==
146

回編集