「大発会・大納会」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 大発会 ==
新年最初の営業日に開催される。土日祝日が重ならなかった場合は[[1月4日]]である。立会取引は、通常通り前場後場とも行われる。
 
若い女性([[東京証券取引所|東証]]の場合、同社の社員や関連各所の女性)が艶やかな[[和服|晴れ着]]姿で参加するのが恒例である。大発会日の取引は株価が上昇することが多い。過去20年間で[[日経平均株価]](225種)が下落したのは[[2008年]]を含め7回である(参考文献参照)。これは新年最初というお祝いムード(ご祝儀相場)と、大納会で手仕舞いした反動の買いなどが原因として挙げられる。
大発会日の取引は株価が上昇することが多い。過去20年間で[[日経平均株価]](225種)が下落したのは2008年を含め7回である(参考文献参照)。
これは新年最初というお祝いムード(ご祝儀相場)と、大納会で手仕舞いした反動の買いなどが原因として挙げられる。
 
== 大納会 ==
年内最後の営業日に開催される。土日祝日が重ならなかった場合は[[12月30日]]である。[[官公庁]]の[[仕事納め|御用納め]]と同じ12月28日に行われていた時期もあったが、証券市場の[[休日|完全週休二日制]]実施以降は、12月30日に行われるようになった。立会取引は、通常通り前場後場とも行われる。
 
大納会日前は、休日の不透明感を意識した買い控えや、[[税金]]対策のための損失確定、6月・12月決算の企業における[[権利落ち日]]の直後などで、平均株価が下降する場合もある。
 
なお、それらの売り圧力が一段落し、株価が下げ止まると、大納会日に株価が上昇することがある。
 
=== 東証の大納会 ===
東京証券取引所の大納会では、[[2002年]]以降その年話題となったキーパーソンをゲストに呼び、立会終了の鐘を鳴らすのが恒例となっている。また、来場者<ref>[[2010年]]までは先着順、[[2011年]]より事前申込制となった</ref>に、その場で打たれた生そば(持ち帰り用)が振舞われる。以下、ゲストの一覧である。
* [[2002年]] - [[長嶋茂雄]]
* [[2003年]] - [[毛利衛]]
 
== 大納会・大発会日の終日取引化 ==
東京証券取引所では、[[2009年]][[12月30日]]の大納会並びに[[2010年]][[1月4日]]の大発会から、通常日同様に終日取引を行うこととなった。その理由としては東証の[[コンピュータシステム]]の変更に伴う、システム負担の軽減を目的としている<ref>[http://www.tse.or.jp/news/200802/080228_a.html 半休日の廃止に伴う年末年始の立会日程について] 東京証券取引所プレスリリース [[2008年]][[2月28日]]閲覧</ref>。
 
他の証券取引所についても、東証と同様である。
*[[商品先物取引#商品取引所|商品取引所]]の場合、大発会・大納会が行われる日付は証券取引所と同じである。ただし、夜間にも取引が行われている[[東京工業品取引所]]等では、大納会当日は日中立会のみ行う(夜間立会は行わない)。
*外国為替相対取引(外為相対)に関しては、土曜日・日曜日と各国の法定祝日を除いて、24時間取引が行われるため、大発会・大納会は行われていない。
 
== 参考文献 ==
*[[読売新聞]]東京朝刊 [[2008.年]][[1.5 日]] 3面第1段
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
*読売新聞東京朝刊2008.1.5 3面第1段
 
== 関連項目 ==
 
== 外部リンク ==
*[http://www.tse.or.jp/index.html 東京証券取引所]
*[http://allabout.co.jp/finance/onlinetrade/closeup/CU20051227A/index.htm allaboutマネー、年末年始は「ご祝儀相場」になるって本当?]
 
{{証券取引所}}
匿名利用者