「木村庄之助 (32代)」の版間の差分

== その他 ==
* 30代庄之助は同期生だが、入門は30代庄之助がわずかに早く、彼が「泉の親方」最後の弟子である。
* 彼の三役格昇格時は三役格に欠員は無かったが、立行司の[[式守伊之助 (29代)|29代式守伊之助]]が前場所で[[手首]][[骨折]]で長期休場が予想されたことと、以前から29代伊之助の体調が優れなかったことを考慮して[[木村庄之助 (29代)|29代木村庄之助]]が[[日本相撲協会]]に咸喬の昇格を希望したことから実現した。この1月場所から29代伊之助が停年となる[[2000年]]7月場所までは三役格行司が定員より1名多い4人となった。
* [[2000年]]9月場所8日目、[[前頭]]4枚目[[闘牙進|闘牙]](現[[千田川 (相撲)|千田川]])-同5枚目[[小城錦]](現[[中立 (相撲)|中立]])戦において、闘牙の足が出たと軍配を小城錦にあげ、土俵の土を確認したが実際は出ておらず、取り直しにしてしまった取組がある。[http://www.youtube.com/watch?v=eoOQ1-ehjis]
* [[2003年]]3月場所中に開かれた理事会で彼の立行司への昇格が決定したが、この3月場所を彼は体調不良で休場している。
1,386

回編集