メインメニューを開く

差分

: リンクによってはクリックした時点でメールアドレスが特定されてしまうことがある。必要な場合は、ブラウザのアドレス欄やブックマークを利用して自ら該当するサイトにアクセスする。その上で、該当サイト上にメールと同じ内容の告知が無いかを見て判断する。
また、サイトによっては、「そのようなメールを配信することはない」と明言していたり、対策方法を公開している所もあるので、サイトの姿勢、[[コンピュータセキュリティ|セキュリティ]]対策などに着目することも予防策の一つとなる。
; サイトの挙動を確認する
: フィッシングサイトでは、IDやパスワード等の収集を目的にしているため、わざと間違った情報を入力してもログイン出来てしまう場合が多い。必ず一度目に間違った入力をするように習慣付けているとフィッシングサイトを見破れる可能性が高まる。
 
なお、不幸にもこのフィッシング詐欺が疑われる物に対して、IDやパスワード等を教えてしまった場合には、[[電話]]やメール(早いほど良いので、電話の方が望ましい)でサービス提供元に相談し、サービス停止およびパスワード変更といった対策を取るべきである。信販会社や銀行が情報確認する場合は書面で行われ、ウェブで確認することはない。
匿名利用者