「繰り込み」の版間の差分

(→‎概要: くりこみの肝であるbare parameterとrenormalized parameterの切り離しおよびくりこみ条件メインの修正)
</math>
}}
と、くりこまれた有限の質量パラメータ <math>m_{sR}^2</math> を定義することで裸の質量から発散を切り離す。<math>Z_m,Z_{\phi}</math>はそれぞれ質量、波動関数に関するくりこみ係数と呼ばれる発散する係数である。スカラー4点理論では波動関数くりこみが存在しないため<math>Z_{\phi}=1</math>である。
最右辺の初項がくりこまれた質量パラメータ、二項目がcounter termとなる。Counter termとくりこまれたパラメータで書かれた量子補正による発散の相殺条件の一つとして
{{Indent|
匿名利用者