「ナスダック100指数」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
== 組み入れ基準 ==
ナスダック100指数に組み入れられるための[[必要条件]]としては、以下のようなものがある。
* 米国内での上場がナスダックのみである。
* 金融会社でない。
* 平均して、1日当たり最低でも20万株以上の[[出来高]]がある。
* [[破産]]手続きに入っていない。
* [[上場]]して二年以上が経過している。
 
== 銘柄の入れ替え ==
ナスダック100指数の構成銘柄の入れ替えは、毎年12月に行われる。入れ替えの基準は以下の通りである。なお、算定のための時価総額には10月末または11月末時点の値が用いられる。
 
* 既存の構成銘柄の場合、時価総額の上位100位以内であれば残留となる。
* 既存の構成銘柄で、時価総額の上位101位から125位までに入っている場合、前年の時価総額が上位100位以内であれば残留となる。前年も100位以内でなかった場合、指数から外される。
* 既存の構成銘柄で、時価総額が上位125位以内でない銘柄は、前年の順位に関わらず指数から外される。
* 代わりに指数に組み込まれる銘柄には、構成銘柄以外の銘柄の内、最も時価総額の大きい銘柄が順に選ばれる。
 
また定期的な入れ替え以外でも、組み入れ基準から外れた構成銘柄が出れば、その都度入れ替えが行われる。
 
ナスダック100指数の[[先物]]は、[[シカゴ・マーカンタイル取引所]]において取引されている。
 
== 参考資料 ==
* [http://www.nasdaqtrader.com/content/home/help/indexmethod/N100IndexMethod.pdf NASDAQ-100 Index Methodology]
* [http://finance.yahoo.com/q?s=^NDX Yahoo!FINANCE NASDAQ-100]
 
== 関連項目 ==
* [[ナスダック]]
* [[ナスダック総合指数]]
* [[ナスダック金融100指数]]
* [[ナスダック100オープン]](かつてナスダックがスポンサーであったテニス大会)
 
== 外部リンク ==
* [http://www.nasdaq.com/markets/indices/nasdaq-100.aspx NASDAQ-100 Index]
 
== 参考資料 ==
*[http://www.nasdaqtrader.com/content/home/help/indexmethod/N100IndexMethod.pdf NASDAQ-100 Index Methodology]
*[http://finance.yahoo.com/q?s=^NDX Yahoo!FINANCE NASDAQ-100]
 
{{証券取引所}}
22,851

回編集