「バイオーグ・トリニティ」の版間の差分

編集の要約なし
; 井本 極子(いもと きわこ)
: 本作のヒロインの一人。藤井と同じクラスの女子高生で、「穴あき(バグラー)」。[[バイク]]と融合した。藤井とは中学からの付き合いで、藤井に想いを寄せているが、口には出さず藤井を応援している。姉御肌で面倒見がよい。[[週刊少年ジャンプ]]の愛読者。バイク屋の娘で、悠(ゆう)という名の弟がいる。父親とツーリングの約束をすることなどから、家族仲は良い模様。あだ名は「キワコ」、「極子(キワ)」。
 
;=== バイオーグ・ハンター8号”関係 ===
; ネクロマリア
: バイオーグ・ハンターを統べている存在。
 
; バイオーグ・ハンター3号
: 藤井たちのクラスの生徒で、烏天 戌吉(からすま いぬきち)と名乗る。烏天狗と呼ばれ、”三天狗”の一人。全天21星の親玉である浦野をマークする。
 
; バイオーグ・ハンター7号
:女性。巨大なチェーンソーのような武器を使用する。本気を出すとムキムキになるコアラ。
 
; バイオーグ・ハンター8号
:ブロンドで綺麗な顔の男性。外国語教師、ミハエル・ジェスターコーヴィッチとして藤井たちの高校に赴任してくる。Sで容赦はないが、人でなしではない。
 
; 鈴木(ベルウッド)
: 8号のサポートシステム。馬と融合したバグラーで、普段はウマミミ少女の姿をしている。転校生として藤井たちのクラスに転入してきた。
 
=== ”全天21星” ===
; アルデバラン
:穂坂の家のセキュリティシステムとして使用されていたバイオ・バグ。捕えられるまでに民間人265人を殺害し、ハンター数人を死亡や廃番にした。自らの子供(クローン)を端末として使役し死体を意のままに操る。
 
; スピカ
: 並外れた硬度と重量を持つバイオーグ少女。過去のトラウマから「モフモフ」を求めてやまない。
 
 
=== 暴走者(クラッシュバグラー) ===
: [[ハサミ]]と融合した「穴あき(バグラー)」の女性。
: 事故で兄・タカシを失い、精神を壊した父に殺されかけたところをバグラーの力で返り討ちにするが、それが原因でバグラーの再教育施設「ラボ」に7年間収容される。動物園の入園チケットを手に入れるためにスリを繰り返していたところ、芙三歩と極子に出会い、諭される。その後、動物園で[[カピバラ]]と融合した父に会っている所を目撃され、身の上話をしていく内に改心するが、「世界のゆらぎ」を見てしまったためにバイオーグ・ハンター8号に殺された。
 
; バイオーグ・ハンター8号
: 穂坂の上司的な「バイオーグ・ハンター」の男性。「世界のゆらぎ」を目撃したバグラーを抹殺している。
 
== 用語 ==
; 暴走者(クラッシュ・バグラー)
: 融合の果てに精神のコントロールを失い自我が崩壊したバグラー。超暴走者(メガ・クラッシュ・バグラー)へは定時射撃が行われ、その際は交通規制が行われる。
 
; バイオーグ
: [[バイオ]]と[[サイボーグ]]の合成造語。これ以下は[[ネタバレ]]であるが、第二巻収録のbug.9に登場する『図解 バイオ・バグ基礎用語』によれば、「その特徴は”バグ穴を用いてバグ罹患の人間同士を融合させる”ことにある。」「原理は単純で、バグラーAがバグラーBを吸い込むと、Aの穴は一つ塞がるものの”穴”が二つ分手に入るため、結果的に三つの物体と融合できることになり、それを繰り返すことによって、理論上は無限に”穴”を増やすことが可能となる。」「人道的にも法的にも決して許される行為ではないが、”バイオーグ”はその特性により個々が様々な特殊能力を持つとされることから、第三次バグ戦争において非人道[[兵器]]として使用されたとの噂が根強く、その残党が現在においてもテロリストとして活動を」しているという[[都市伝説]]も存在する。ただし、人間を吸い込んだバグラーは、「その副作用として互いの人格同士が衝突・融合を繰り返し固有の人格は消滅する」可能性が高い。ちなみにbug.7において、法的には人を吸い込んだバイオ・バグは[[死刑]]となることが示されている。
 
== 単行本 ==
* [[大暮維人]]・[[舞城王太郎]]『バイオーグ・トリニティ』[[集英社]]<ウルトラジャンプ・コミックス>、既刊13(2013(201441241日現在)
*# 2013年4月24日第1刷発行
*# 2013年8月24日第1刷発行
 
*# 2013年12月24日第1刷発行
== 外部リンク ==
* [http://www.s-manga.net/book/978-4-08-879580-5.html|バイオーグ・トリニティ 1|集英社マンガネット S-MANGA.net]
 
{{ウルトラジャンプ連載中}}