メインメニューを開く

差分

 
== 対戦車無反動砲 ==
スポッティングライフルは、1950年代から1970年代にかけて設計された[[無反動砲|対戦車無反動砲]]で広く用いられた。こうした火砲は目視による直接照準射撃に用いられるが、構造上の都合から発砲時の初速が低く、また、発射された[[砲弾]]は曲射弾道を取る。その為、有効な射撃を行うには照準器を用いた精密な照準が必要である<ref>[[#Wombat, User Handbook|Wombat, User Handbook]], p. 2</ref>。当時の火砲用[[レンジファインダー|光学視差式距離計]]は小型軽量の無反動砲に搭載するには大きくかさばるという欠点があった事から、より軽量かつ単純で直感的に照準を行えるスポッティングライフルが広く使われるようになったのである。後に小型の[[光波測距儀|レーザ式距離計]]が開発されると、スポッティングライフルはこれに置換されていった。
 
イギリス製の120mm対戦車無反動砲[[L6 ウォンバット|BATシリーズ]]では様々な種類の照準器が用いられた。オリジナルのBATは光学照準器のみ搭載されていたが、携行性を高めた軽量改良型のMoBATでは[[ブレン軽機関銃]]の[[7.62x51mm NATO弾]]型であるL4軽機関銃をスポッティングライフルとして搭載していた<ref name="Janes, 1977, MoBAT" >[[#Jane's Weapon Systems, 1977|Jane's Weapon Systems, 1977]], MoBAT, p.&nbsp;391</ref>。BATシリーズの最終モデルとなるWOMBATでは[[M40 106mm無反動砲|M40無反動砲]]などと同様のレミントン製50口径スポッティングライフルM8C(M8C .50)を搭載していた<ref>[[#Wombat, User Handbook|Wombat, User Handbook]], Section 5. Spotting Rifle 0.5in M8C
匿名利用者