「カトリック東京大司教区」の版間の差分

m
フランソワ・ボンヌのページリンクに伴い、脚注削除
(→‎関連項目: リンク追加・削除)
m (フランソワ・ボンヌのページリンクに伴い、脚注削除)
 
; 北緯代理区長
* [[ピエール・マリー・オズーフ]](パリ外国宣教会) ~1891~[[1891]]
 
; 司教・大司教(教区長)
* 初代 - ピエール・マリー・オズーフ(パリ外国宣教会)[[1891年]]~1906~[[1906]]
* 2代 - ピエール・ザヴィーエ・ムガブル<ref>ピエール・ザヴィーエ・ムガブル(Pierre-Xavier Mugabure)<br />[[1850年]]1月1日フランスのバスク地方ゲタリーにて誕生。[[1874年]]に司祭に叙階。[[1902年]]東京大司教区補佐司教に任命され、[[1906年]]東京大司教に就任。聖堂の新設、出版物の刊行に力を注ぐ。[[1910年]]5月27日、故郷のバスク地方ゲタリーにおいて死去。</ref>(パリ外国宣教会)[[1906年]]~1910~[[1910]]
* 3代 - [[フランソワ・ボンヌ]](パリ外国宣教会)[[1910年]]~[[1912年]]
* 3代 - フランソワ・ボンヌ<ref>フランソワ・ボンヌ(François Bonne)<br />[[1855年]]5月25日フランスのシャンベリー教区にて誕生。同地はアルプス山脈西麓の交通の要衝で、かつて[[1232年]]から[[1562年]]までサボイア公国の首府であった。パリ外国宣教会に入り、[[1879年]]司祭に叙階され、同年宣教師として日本に派遣された。はじめ、天草に赴任し[[1882年]]長崎神学校校長に就任し自ら神学・哲学を講義した。[[1910年]]東京大司教区に転じ東京大司教に就任。[[1912年]]1月11日東京において死去。</ref>(パリ外国宣教会)[[1910年]]~1912年
* 4代 - [[ジャン・ピエール・レイ]](パリ外国宣教会)[[1912年]]~1927~[[1927]]
* 5代 - [[ジャン・アレキシス・シャンボン]](パリ外国宣教会)[[1927年]]~1937~[[1937]]
* 6代 - ペトロ [[土井辰雄]] [[1937年]]~1970~[[1970]]
* 7代 - ペトロ [[白柳誠一]] [[1970年]]~2000~[[2000]]
* 8代 - ペトロ [[岡田武夫 (カトリック)|岡田武夫]] [[2000年]]~現在
 
1,526

回編集