メインメニューを開く

差分

節関連項目、
'''坪井 九馬三'''(つぼい くめぞう、[[安政]]5年[[12月12日 (旧暦)|12月12日]]([[1859年]][[1月15日]]) - [[1936年]][[1月21日]])は、歴史学者、[[東京大学|東京帝国大学]]教授。
 
== 経歴 ==
大坂(摂津国西成郡九条村、現大阪市西区)生まれ。幼少時は僧侶の叔父に教育を受けた。14歳の時父を失う。以後親戚に引き取られた。翌年から大阪開成所で学んだ。17歳の時東京外国語学校に入学し、翌年卒業し、東京開成学校を受験し入学する。<ref>岡田俊裕『日本地理学人物事典[近世編]』原書房 2011年 80ページ</ref>。
大坂(摂津国西成郡九条村、現大阪市西区)生まれる。
1881年[[東京大学]]文学部政治理財学科卒、1885年同理学部応用化学科卒、文学史と理学士の学位を受けた。1883年、在学中から文科大学で史学(欧米史)を講義し、1886年講師、その後文学部と理学部の教員を兼務した後、史学に専念のため1887年ヨーロッパに留学して西洋史学、史学理論を学ぶ。1891年帰国、東京帝国大学文科大学教授となり、1904年文科大学長、1923年定年退官。1900年[[東京学士会院]]会員、後に[[帝国学士院]]会員。西洋史のみならず、[[日下寛]]とともに日本の史料の校訂も行った。
 
幼少時は僧侶の叔父に教育を受けた。14歳の時父を失う。以後親戚に引き取られた。翌年から大阪開成所で学んだ。
==著述==
大坂(摂津国西成郡九条村、現大阪市西区)生まれ。幼少時は僧侶の叔父に教育を受けた。14歳の時父を失う。以後親戚に引き取られた。翌年から大阪開成所で学んだ。17歳の時東京外国語学校に入学し、翌年卒業し、東京開成学校を受験し入学する。<ref>岡田俊裕『日本地理学人物事典[近世編] 1] 原書房 2011年 80ページ</ref>。
1881年[[東京大学]]文学部政治理財学科卒、1885年同理学部応用化学科卒、文学史と理学士の学位を受けた。1883年、在学中から文科大学で史学(欧米史)を講義し、1886年講師、その後文学部と理学部の教員を兼務した後、史学に専念のため1887年ヨーロッパに留学して西洋史学、史学理論を学ぶ。1891年帰国、東京帝国大学文科大学教授となり、1904年文科大学長、1923年定年退官。1900年[[東京学士会院]]会員、後に[[帝国学士院]]会員。西洋史のみならず、[[日下寛]]とともに日本の史料の校訂も行った
 
1891年帰国、東京帝国大学文科大学教授となり、1904年文科大学長、1923年定年退官。1900年[[東京学士会院]]会員、後に[[帝国学士院]]会員。西洋史のみならず、[[日下寛]]とともに日本の史料の校訂も行った。
 
== 著述 ==
*論理学講義 演繹法帰納法 酒井清造 1883
*論理学入門 岩本米太郎 1887
== 脚注 ==
<references />
 
== 関連項目 ==
* [[日本の地理学者の一覧]]
 
{{Academic-bio-stub}}
{{DEFAULTSORT:つほい くめそう}}
 
[[Category:日本の歴史学者]]
[[Category:帝国学士院会員]]
2,047

回編集