「タリム盆地」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
<!--[[Image:KunlunMountains.jpg|350px|right|thumb|タリム盆地と周辺]]-->
[[Image:Wfm tarim basin.jpg|right|250px300px|thumb|NASAの衛星から見たタリム盆地]]
 
'''タリム盆地'''(タリムぼんち、塔里木盆地)とは、[[中央アジア]]の[[中華人民共和国|中国]]・[[新疆ウイグル自治区]]にある中国最大の内陸[[盆地]]。東西1,400km、南北550kmにわたって広がる。総面積は560,000[[平方キロメートル]]。
 
北に[[天山山脈]]、西に[[パミール高原]]と[[カラコルム山脈]]、南に[[崑崙山脈]]と[[アルチン山脈]]がある。盆地内の大部分は[[タクラマカン砂漠]]で占められており、周囲の山脈の雪解け水を源とする[[タリム川]]や[[孔雀河]]などの[[内陸河川]]が流れている。
 
「さまよえる湖」として知られる[[ロプノール]]は、タリム川の末端湖のひとつであり、この砂漠の北東端にあったが、上流にできた[[ダム]]などの影響で、現在は干上がっている。
古来中国で[[西域]]と呼ばれた地域で、[[シルクロード]]が通っており、多くの[[オアシス]][[都市国家]]が栄え、覇を競った。現在は中国領であるが、テュルク系遊牧民だったウイグル人がいまも住んでおり、言語も[[ウイグル語]]で文字は[[アラビア文字]]を使う。
 
[[Image:Tarimbecken 3. Jahrhundert.png|250px300px|right|thumb|3世紀頃のタリム盆地の勢力図]]
この盆地は古来中国で[[西域]]と呼ばれた地域で、[[シルクロード]]が通っており、[[楼蘭]]、[[莎車]]、[[于闐]]といった多くの[[オアシス]][[都市国家]]が栄え、覇を競った。現在は中国領であるが、テュルク系遊牧民だったウイグル人がいまも住んでおり、言語も[[ウイグル語]]で文字は[[アラビア文字]]を使う。
 
== 関連項目 ==
6,691

回編集