「橋本敬三」の版間の差分

生涯を独立させ、年譜にして読みやすく改良。
m (年代表記法の統一)
(生涯を独立させ、年譜にして読みやすく改良。)
'''橋本 敬三'''(はしもと けいぞう、[[1897年]](明治30年)、福島市 - [[1993年]](平成5年)1月22日、仙台市)は[[仙台]]を拠点として活躍した[[医師]]。伝統的に行われていた健康法・治療法である[[正體術]]にヒントを得て、[[操体法]] という画期的な健康法・治療法を確立した。
 
== 生涯 ==
1921年(大正10年)[[新潟医科大学 (旧制)|新潟医専]]卒業。同校生理学教室で研究を続ける。1923年(大正12年)東北帝大医学部・藤田俊彦教授のもとで生理学を専攻。1926年(大正15年)函館の民間病院に赴任したが、まもなく閉院。翌1927年(昭和2年)より函館市の学校衛生技官となり、屋内運動場の防塵法を開発。1929年(昭和4年)、同市に新しく開設された民間病院に移り、外科を担当。1933年(昭和8年)、独立して函館に診療所を開設。函館在住の期間に、正體術を[[高橋迪雄]]の高弟・奥村隆則に学び、これが操体法の土台となる。<ref>『誰にもわかる操体法の医学』 などに函館時代の方法が詳しい。</ref>
*1897年(明治30年)福島に生まれる。
 
*1921年(大正10年)[[新潟医科大学 (旧制)|新潟医専]]を卒業し、同校の生理学教室で研究を続ける。
1941年(昭和16年)函館を引き払い、仙台に「温古堂医院」を開設し、以後はこの住所で活動を続けた。戦時中、一時ソビエト連邦に抑留されたが、1948年(昭和23年)帰国。以後、仙台で操体法の研究を深めた。<ref>この頃の研究成果は、『写真解説集』および『操体法の実際』の2冊の監修本にまとめられている。</ref> 1951年(昭和26年)から『日本医事新報』その他に執筆を始めた。この間、1949年(昭和24年)から1973年(昭和48年)まで仙台の赤門学志院東北高等鍼灸整復学校で講義を担当。1975年(昭和50年)頃から操体法がマスコミで知られるようになった。
*1923年(大正12年)東北帝大医学部・藤田俊彦教授のもとで生理学を専攻する。
 
函館時代
1993年(平成5年)老衰のため死去。<ref>『論想集・生体の歪みを正す』1987年、創元社、著者略歴による。</ref>
*1926年(大正15年)函館の民間病院に赴任したが、まもなく閉院された。
*1927年(昭和2年)函館市の学校衛生技官となり、屋内運動場の防塵法を開発した。
*1929年(昭和4年)、同市に新しく開設された民間病院に移り、外科を担当した。
*1933年(昭和8年)、独立して函館に診療所を開設する。
:函館在住の期間に、正體術を[[高橋迪雄]]の高弟・奥村隆則に学び、これが操体法の土台となる。<ref>『誰にもわかる操体法の医学』 などに函館時代の方法が詳しい。</ref>
仙台時代
*1941年(昭和16年)函館を引き払い、仙台に「温古堂医院」を開設し、以後はこの住所で活動を続けた。
*戦時中、一時ソビエト連邦に抑留された。
*1948年(昭和23年)帰国。以後、仙台で操体法の研究を深めた。<ref>この頃の研究成果は、『写真解説集』および『操体法の実際』の2冊の監修本にまとめられている。</ref>
*1951年(昭和26年)から『日本医事新報』その他に執筆を始めた。
:この間、1949年(昭和24年)から1973年(昭和48年)まで仙台の赤門学志院東北高等鍼灸整復学校で講義を担当する。
*1975年(昭和50年)頃から操体法がマスコミで知られるようになった。
*1993年(平成5年)老衰のため死去。<ref>『論想集・生体の歪みを正す』1987年、創元社、著者略歴による。</ref>
 
==主な編・著書==
橋本敬三医師の著作に共通しているのは、書き下ろしがない、ということだ。『万病を治せる・・』 は農文協の 「現代農業」 誌に掲載されていたものである。『論想集』 『からだの設計』 は、橋本が医学誌等への寄稿原稿をまとめたもの。(この2冊は重複している箇所がある)。『写真解説集』 『写真・図解 操体法の実際』 は、いずれも監修。
次のような編・著書がある。
 
==主な編・著書==
*『温古堂先生・万病を治せる妙療法』 1977年、農山漁村文化協会
*『からだの設計にミスはない・操体の原理』 1978年、柏樹社 (2002年、たにぐち書店より復刻版)
*『誰にもわかる操体法の医学』 1986年、農山漁村文化協会
*『論想集・生体の歪みを正す』 1987年、創元社
 
橋本敬三医師の著作に共通しているのは、書き下ろしがない、ということだ。
『万病を治せる・・』は農文協の「現代農業」誌に掲載されていたものである。
『論想集』『からだの設計』は、橋本が医学誌等への寄稿原稿をまとめたもの。
(この2冊は重複している箇所がある)。
『写真解説集』『写真・図解 操体法の実際』は、いずれも監修。
 
この他、共著として、
850

回編集