「1/2」の版間の差分

m (→‎数学的性質: 1/2 は 0 と 1 の平均→相加平均)
*[[三角形]]の[[面積]] ''S'' は ''S'' = {{sfrac|1|2}} ×(底辺)×(高さ)で求められる。あるいは、三角形の2[[辺]]の長さを ''a'', ''b''、それらがなす[[角度|角]]を ''θ'' とすると
:''S'' = {{sfrac|1|2}}''ab'' sin ''θ''
:と表せる。
*''Γ''({{sfrac|1|2}}) = √{{overline|{{π}}}}(''Γ'' は[[ガンマ関数]])
*その他[[台形]]の面積、[[不定積分]] ∫ ''x dx''、ある 2 点の[[中点]]の座標を求める場合など、様々な公式中に {{sfrac|1|2}} は登場する。
匿名利用者