「鉄筋コンクリート構造」の版間の差分

m
数値が一ケタ違います(出典:理科年表)
m (数値が一ケタ違います(出典:理科年表))
 
== 概要 ==
金属の[[鉄]]がもつ性質の容易に破断しない粘り強さ([[靱性]])と引張強度、セメントと骨材(こつざい)である[[砂]]及び砂利を水と混ぜた[[コンクリート]]がもつ高い圧縮強度を併用した構造の一つ。鉄を主な材料とする棒状に加工した鉄筋が細長比と呼ばれる径と長さの比率がある一定限度を越えると発生する座屈や撓み(たわみ)等の曲がりが生じてしまう性質を、コンクリートが鉄筋の周囲を拘束することで曲がらぬように抑え、他方、コンクリートが曲げや引張強度の面では脆い部分を鉄が補うようにバランスよく構造設計を行なうことで互いの弱点を相互補完する構造である。鉄とコンクリートの[[熱膨張率]]がほぼ等しい (1.2×10<sup>-65</sup>/K 前後) ということも、この二つの材料を組み合わせることが可能な理由として挙げられる。
 
[[化学]]的な性質の点では[[鉄]]は空気中に暴露していると大気中の[[酸素]]と結合し酸化して[[錆]]が発生し、長い年月を経ると強度を担うべき断面積が錆により少なくなって当初の強度を保てなくなるが、セメントが[[アルカリ性]]であるため鉄筋は酸化せずに当初の強度を保ちつづけることが可能となる。その一方で鉄筋コンクリート構造を構成する[[砂]]の産地が[[海]]か河[[川]]か[[山]]地かにより[[塩分]]を十分に脱塩しなかった場合等によりコンクリートの[[中性]]化が進むと内部で酸化が進行し、内部の鉄筋が錆により膨張してコンクリートの剥離・剥落が生じる。このような鉄筋の発錆による剥離・剥落を爆裂と称する(但し、本来はコンクリートが火災により被り部分の剥落を生ずる現象を爆裂という。)高度経済成長期には脱塩が曖昧なままに建設された建造物が多く、社会問題になった。
2

回編集