「ゼロ・グラビティ (映画)」の版間の差分

(受賞)
医療技師を務めるライアン・ストーン博士は、スペースミッションに初めて参加する。ライアンは指揮を務めるマット・コワルスキーとシャリフと共に、宇宙空間での船外活動を行うところから物語は始まる。
 
ヒューストンの管制から、膨大な量の[[スペースデブリ|宇宙ゴミ]]が高速で接近しているため、船内に避難するよう緊急連絡が来る。ロシアが自国の衛星を破壊したところ、他の衛星も連鎖的に破壊され、宇宙ゴミとして拡散してしまったという。スペースシャトルが宇宙ゴミと衝突し、2人は宇宙空間に投げ出される。ライアンは錐揉み状態のうえ、現在位置を特定できなくなる。パニック状態の過呼吸で、宇宙服の酸素も少なくなる。だが、マットは的確な指示を出し続け、ライアンを自分の身体に固定することに成功する。
 
ヒューストンに無線で連絡するが、応答がない。めげずに無線連絡し続ける。2人は頭部を宇宙ゴミが貫通して死亡したシャリフの遺体を回収しスペースシャトルに帰還するが、居住区画も大破し、作業員の遺体が無重力で漂っている。2人はスペースシャトルをあきらめ、ISS([[国際宇宙ステーション]])に向かう。
ISSも破損し、地球帰還のための『[[ソユーズ]]』宇宙船は1機がすでに離脱、残る1機もパラシュートが開いてしまっている。マットは地球帰還は無理だが中国の宇宙ステーション『[[天宮 (宇宙ステーション)|天宮]]』へ向かうことを決心し、ISSに取り付こうとする。しかし、衝突した反動でマットとライアンは宇宙空間に放り出されてしまう。ライアンは辛うじてパラシュートのロープに引っかかり、マットにつながっているロープをつかむ。しかし、マットはロープを離すよう指示、ライアンは反対するが、マットはロープのフックを外してしまう。マットは宇宙空間の深遠に漂流する間、通信が途切れるまでライアンに語りかける。
 
ライアンは意識朦朧としながらISSの居住区画に入り一息つく。しばらくしてISSで火災が発生する。ライアンは消火しようとするが、爆発が起き、ソユーズに退避して隔壁を閉鎖し事なきを得る。ライアンはソユーをISSから離脱させるが、パラシュートのワイヤーソユーズに絡まり、うまく離脱できない。ライアンは船外に出てパラシュートを外す。すると、再び膨大な量の宇宙ゴミが高速で接近し、ISSを大破させる。
 
ライアンはソユーズを発進させようとするが、燃料切れでエンジンが作動しない。AM無線で救助を求めると、地球の電波を拾ってしまい、アニンガとつながる。アニンガは赤ん坊をあやし、ライアンは死別した娘を思い出す。ライアンは死を覚悟し、船内の酸素供給を止め、目をつぶる。
突然現れたマットが船外から中に入り、ライアンと再会する。マットは酸素供給を再開させ、希望を捨てないようライアンを諭す。マットは着陸時の逆噴射装置を利用して天宮までの推進力とするよう助言する。ライアンが気づくと、マットは幻だった。ライアンは酸素供給を再開させ、着陸船を分離、逆噴射エンジンを作動させて着陸船を天宮に向かわせる。
 
天宮は高度を下げ落としつつあった。ライアンはソユーズ着陸船を出て天宮に到着し、宇宙船『[[神舟]]』に乗り込む。漢字中国語表記のコンソールに苦労しつつも、神舟の起動に成功。天宮は神舟とともに落下し、分解して神舟は切り離される。ライアンはマットや死別した娘に祈りをささげる。
 
神舟は大気圏に突入し着陸船が分離、パラシュートが無事に開いて湖に着水する。ライアンはハッチを開くが船内に浸水し脱出する間もなく水没、ライアンは水中へ脱出する。ライアンは泳いで陸に到着、地球の重力を存分に感じながら立ち上がり、物語は終わる。
匿名利用者