「知多鉄道」の版間の差分

m
編集の要約なし
(リダイレクトから新規作成(名鉄河和線 2013年8月28日 (水) 16:41‎ ID:48937440 の版より一部内容転記))
タグ: サイズの大幅な増減
m
}}
{{BS-table}}
{{BS||||(←[[常滑駅|常滑]]方面 / [[神宮前駅|神宮前]]方面→)}}
{{BS||||[[名古屋鉄道#愛知電気鉄道|愛知電気鉄道]]:[[名鉄常滑線|常滑線]]|}}
{{BS2|ABZq+l|BHFq|0.0|[[太田川駅]]|[[名古屋鉄道#愛知電気鉄道|愛知電気鉄道]]:[[名鉄常滑線|常滑線]]|}}
{{BS2|BHF||1.3|[[高横須賀駅]]|}}
{{BS2|TUNNEL2||||横須賀トンネル|}}
[[名古屋鉄道#愛知電気鉄道|愛知電気鉄道]]常滑線(現・[[名鉄常滑線]])の[[太田川駅|太田川]]を起点駅として、愛知県南西部の[[知多半島]]東岸の中心都市である[[半田町 (愛知県)|半田町]]を経由し、半島南部の河和に至る路線を敷設・運営するため、[[1926年]]([[大正]]15年)11月に設立された事業者である<ref name="RP473_p73" />。[[1931年]]([[昭和]]6年)4月に第一期開業区間として太田川 - [[成岩駅|成岩]]間が開通し、[[1935年]](昭和10年)8月には[[河和駅|河和]]までの全線が開通した<ref name="RP473_p81" />。
 
知多鉄道は開業当初より路線運営を愛気鉄道(愛電)へ委託しており<ref name="RP370_p149" />、愛電と名岐鉄道との合併による[[名古屋鉄道|現・名古屋鉄道]](名鉄)成立後は、知多鉄道線の運営は名鉄によって行われた<ref name="RP370_p149" />。その後、[[太平洋戦争]]の激化に伴う戦時体制への移行により、[[陸上交通事業調整法]]に基いて[[1943年]](昭和18年)2月に知多鉄道は名鉄へ吸収合併され、保有路線・車両は名鉄へ継承された<ref name="meitetsu1961_p303" />。
 
== 歴史 ==
知多鉄道線は高速運転を目的として<ref name="meitetsu1961_p303" />、高速運転時の高負荷に耐えうる重軌条や、保安度の高い[[閉塞 (鉄道)#自動閉塞方式|自動閉塞方式]]および[[日本の鉄道信号#信号現示の種類と現示方式|3位式信号機]]を採用するなど、高規格の路線として建設された<ref name="RP370_p149" />。また、太田川 - 知多半田間14.8 kmについては[[複線]]規格とし、保安度向上のほか高頻度の列車運行を可能とした<ref name="RP473_p73" />。また、開業に際しては半鋼製車体を採用する[[ボギー台車|2軸ボギー構造]]の[[電車]]を8両導入した<ref name="RP370_p150" />。この電車は形式称号を「[[知多鉄道デハ910形電車|デハ910形]]」としたが<ref name="RP370_p150" />、これは製造年の1931年(昭和6年)が[[神武天皇即位紀元|皇紀]]2591年に相当することに因み、下2桁の「91」を採って形式称号としたものであった<ref name="RP370_p150" />。
 
[[直流電化|直流]]1,500 [[ボルト (単位)|V]]電化・軌間1,067 [[ミリメートル|mm]]([[狭軌]])の路線として開業した知多鉄道線は開業当初より愛電常滑線と[[直通運転|相互直通運転]]を行い<ref name="meitetsu1961_p303" />、[[知多半田駅|知多半田]]から愛電の名古屋市内における拠点駅である[[神宮前駅|神宮前]]までを最速35分で結び<ref name="RP473_p73" />、従来知多半島東岸における唯一の公共交通機関であった武豊線が[[半田駅|半田]] - [[熱田駅|熱田]]間に1時間半を要していたのと比較して大幅な所要時分短縮を実現した<ref name="RP473_p73" />。さらに知多半田 - 神宮前間の運賃を、武豊線の半田 - 熱田間と同額に設定したこともあり、知多鉄道線は武豊線に代わって半田地区における主たる公共交通手段として定着した<ref name="RP473_p73" />。また前述の通り、知多鉄道線の運営は愛電に委託され、実質的に愛電の一路線として愛電との連絡運輸を緊密に行った<ref name="RP370_p149" />。
 
翌[[1932年]](昭和7年)7月には成岩 - [[河和口駅|河和口]]間10.0 kmが延伸開業した<ref name="RP473_p81" />。同時期には鉄道省によって武豊線[[武豊駅]]から南知多方面への[[乗合バス]]の運行が計画された<ref name="meitetsu1961_p303" />。そのため、知多鉄道は対抗策として列車増発のほか、[[1933年]](昭和8年)7月に[[住吉町駅|農学校前]]・[[青山駅 (愛知県)|南成岩]]・[[浦島駅|浦島]]の3駅を開業し半田地区における利便性を向上させた<ref name="meitetsu1961_p303" />。さらに知多半島地区一円において乗合バス事業を展開した知多自動車(現・[[知多乗合]])の発行株式の過半を取得して子会社化するなど対抗手段を講じた結果、鉄道省による乗合バス運行計画は撤回されるに至った<ref name="meitetsu1961_p303" />。
 
河和口以南は用地買収の遅れから建設が停滞し<ref name="meitetsu1961_p303" />、約3年後の1935年(昭和10年)8月に河和口 - 河和間3.0 kmが延伸開業し、全線が開通した<ref name="RP473_p81" />。河和より先、知多半島を横断して半島西岸の[[内海町 (愛知県)|内海町]]に至る路線延伸計画も検討されたが、こちらは具現化することなく終わった<ref name="meitetsu1961_p303" />。
 
== 運行ダイヤ ==
[[1934年]](昭和9年)12月当時のダイヤにおいては、開業当時には設定のなかった特急が1日1往復され、急行が7 - 22時台まで上下とも60分間隔で運行、その間に普通列車が設定された<ref name="RP370_p150" />。特急は知多半田 - 神宮前間27.3 kmを27分(表定速度60.7 [[キロメートル毎時|km/h]])、急行は同区間を32分(表定速度51.2 km/h)で結んだ<ref name="RP370_p150" />。急行は[[1940年]](昭和15年)9月時点では同区間の所要時分が30分に短縮され、表定速度は54.6 km/hに向上した<ref name="RP370_p150" />。
 
その他、1932年(昭和7年)から[[1936年]](昭和11年)にかけて、神宮前 - 河和間に臨時の海水浴特急「ちどり」が夏季限定で運行された<ref name="RP370_p150" />。同列車にはデハ910形の2両編成を充当、運行時には専用のイラスト入りヘッドマークが前頭部に掲出され、神宮前 - 河和間41.3 kmを44分で結んだ<ref name="RP370_p150" />。