「知多鉄道」の版間の差分

発起人経歴
(冒頭テンプレート追加、各部加筆修正)
(発起人経歴)
大正年間当時、知多半島東岸より[[名古屋市]]中心部への公共交通手段は、[[鉄道省]]の運営する[[武豊線]]のみであったが<ref name="JTBC-R131_p153" />、武豊線は列車運行本数の少なさや所要時分が長いことなどから利用者にとって不便な路線であった<ref name="RP473_p73" />。そのため、地元住民による請願もあり<ref name="meitetsu1961_p153" />、愛知電気鉄道(愛電)は[[1912年]](大正元年)12月に、当時建設中であった同社常滑線の[[尾張横須賀駅]]より分岐して半田に至る「半田線」の敷設免許を取得<ref name="meitetsu1961_p149-150" />、測量に取り掛かると同時に敷設する[[軌条]](レール)の手配を進めた<ref name="meitetsu1961_p155-156" />。しかし、同時期の経済不況による愛電本体の業績悪化から半田線は測量を終え境界標を設置した段階で建設が中断された<ref name="meitetsu1961_p155-156" /><ref name="ndl1020258" />。結局半田線は[[1915年]](大正4年)12月に免許失効を迎え、幻の路線に終わった<ref name="meitetsu1961_p302" /><ref name="meitetsu1961_p155-156" />{{refnest|group="注釈"|これは既存路線と競合関係となる半田線の建設を見送り、半田線と比較して敷設距離がより短く、かつ沿線人口の多い有松線(後の愛電豊橋線、現・[[名鉄名古屋本線]]の一部)の建設に注力するという経営判断が下されたことによるものであった<ref name="meitetsu1961_p155-156" />。}}。
 
その後、[[1924年]](大正14年)に半田・河和地区の有力者であった小栗四郎{{refnest|group="注釈"|知多商工会議所副会頭<ref>[http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2127124/327 『人事興信録. 第8版(昭和3年)』](国立国会図書館近代デジタルライブラリー)</ref>。}}・中埜良吉{{refnest|group="注釈"|知多商工会議所会頭、名古屋印刷社長、愛知ゴム社長、中埜貯蓄銀行常務取締役他<ref>[http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2127124/1138 『人事興信録. 第8版(昭和3年)』](国立国会図書館近代デジタルライブラリー)</ref>。}}・中埜半左衛門{{refnest|group="注釈"|中埜銀行頭取、半田倉庫社長、中埜貯蓄銀行取締役他<ref>[http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2127124/1138 『人事興信録. 第8版(昭和3年)』](国立国会図書館近代デジタルライブラリー)</ref>。}}・榊原伊助{{refnest|group="注釈"|愛知県多額納税者、衣浦銀行監査役、榊原同族代表社員<ref>[http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2127124/750 『人事興信録. 第8版(昭和3年)』](国立国会図書館近代デジタルライブラリー)</ref>。}}らによって、知多半島東岸南部の河和に至る'''知多電気鉄道'''が計画された<ref name="meitetsu1961_p302" />。小栗らは愛電側に指導協力を求め、1926年(大正15年)11月に愛電常滑線の太田川より分岐して河和に至る路線の敷設免許が交付されたことを機に発起人集会を開催<ref name="meitetsu1961_p302" />、資本金は300万とし、うち100万を愛電が引き受けることが決定された<ref name="meitetsu1961_p302" />。翌[[1927年]](昭和2年)11月に会社設立総会を開催し、社名を'''知多鉄道'''と変更するとともに、代表取締役社長には当時愛電の社長職にあった[[藍川清成]]が就任、愛電の傍系事業者として正式に設立された<ref name="meitetsu1961_p302" />。
 
=== 路線建設開始から全線開通まで ===
[[直流電化|直流]]1,500 [[ボルト (単位)|V]]電化・軌間1,067 [[ミリメートル|mm]]([[狭軌]])の路線として開業した知多鉄道線は、当初より愛電常滑線と[[直通運転|相互直通運転]]を行い<ref name="meitetsu1961_p303" />、[[知多半田駅|知多半田]]から愛電の名古屋市内における拠点駅である[[神宮前駅|神宮前]]までを最速35分で結び<ref name="RP473_p73" />、従来知多半島東岸における唯一の公共交通機関であった武豊線が[[半田駅|半田]] - [[熱田駅|熱田]]間に1時間半を要していたのと比較して大幅な所要時分短縮を実現した<ref name="RP473_p73" />。さらに知多半田 - 神宮前間の運賃を、武豊線の半田 - 熱田間と同額に設定したこともあり、知多鉄道線は武豊線に代わって半田地区における主たる公共交通手段として定着した<ref name="RP473_p73" />。また前述の通り、知多鉄道線の運営は愛電に委託され、実質的に愛電の一路線として愛電との連絡運輸を緊密に行った<ref name="RP370_p149" />。
 
翌[[1932年]](昭和7年)7月には成岩 - [[河和口駅|河和口]]間10.0 kmが延伸開業した<ref name="RP473_p81" />。同時期には鉄道省によって武豊線[[武豊駅]]から南知多方面への[[乗合バス]]の運行が計画された<ref name="meitetsu1961_p303" />。そのため、知多鉄道は対抗策として列車増発のほか、[[1933年]](昭和8年)7月に[[住吉町駅|農学校前]]・[[青山駅 (愛知県)|南成岩]]・[[浦島駅|浦島]]の3駅を開業し半田地区における利便性を向上させた<ref name="meitetsu1961_p303" />。さらに知多半島一円において乗合バス事業を展開した知多自動車{{refnest|group="注釈"|1934年時点路線網、車両<ref>[http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1234531/2161/164 『全国乗合自動車総覧』](国立国会図書館近代デジタルライブラリー)</ref>。}}(現・[[知多乗合]])の発行株式の過半を取得して子会社化するなど対抗手段を講じた結果、鉄道省による乗合バス運行計画は撤回されるに至った<ref name="meitetsu1961_p303" />。
 
河和口以南は用地買収の遅れから建設が停滞し<ref name="meitetsu1961_p303" />、約3年後の1935年(昭和10年)8月に河和口 - 河和間3.0 kmが延伸開業し、全線が開通した<ref name="RP473_p81" />。河和より先、知多半島を横断して半島西岸の[[知多郡]][[内海町 (愛知県)|内海町]]に至る路線延伸計画も検討されたが、こちらは具現化することなく終わった<ref name="meitetsu1961_p303" />{{refnest|group="注釈"|内海町への鉄道路線延伸は、過去には愛電が前述半田線敷設計画と同時期に常滑線を半島西岸沿いに延伸する形で計画し、1912年(大正元年)8月に敷設免許を取得していたが<ref name="meitetsu1961_p149-150" />、こちらも半田線と同様の事情により1915年(大正4年)11月に免許が失効していた<ref name="meitetsu1961_p155-156" />。内海町(後の[[南知多町]]内海地区)への鉄道路線延伸が実現したのは、現・名鉄成立後に河和線[[富貴駅]]より分岐する[[名鉄知多新線|知多新線]]が建設され<ref name="RP473_p81" />、[[内海駅|内海]]までの全線が開通した[[1980年]](昭和55年)6月のことであった<ref name="RP473_p81" />。}}。
13,075

回編集