「ニューヨーク・ジャイアンツ (プレイヤーズ・リーグ)」の版間の差分

 
==球団史==
[[1890年]]のプレイヤーズ・リーグ創設時に結成されたチームで、主力選手の多くは、前年にナショナルリーグのニューヨーク・ジャイアンツ(現[[サンフランシスコ・ジャイアンツ]])に所属していた。捕手を務めるバック・ユーイングが監督を兼任し、野手ではこの年のリーグ最多本塁打を放ったロジャー・コナーや、ジム・オルークが.360を記録するなどの活躍をした。投手はエド・クレーン、ハンク・オーデイ、ジョン・ユーイング、ティム・キーフの4人がいずれも15勝以上を上げ、チームはプレイヤーズ・リーグで3位の成績を収めた。
 
同年のプレイヤーズ・リーグの破綻を受け、チームは1年で解散、所属選手の多くはナショナルリーグのニューヨーク・ジャイアンツに戻っていった。