「有隣堂」の版間の差分

*1909年 - 松信大助(大野の実弟)が伊勢佐木町に第四有隣堂を開店。
**既に大野貞造の兄弟が第二・第三有隣堂を開業して暖簾分けをしていた。松信大助も兄を手伝っていたが、同様に暖簾分けをした。のちに病弱な長兄に代わり第一有隣堂を経営することになり、自らの第四有隣堂に合併して、既存の第四有隣堂が有隣堂本店となった。<br />「第○」と付番した有隣堂連鎖店は第九まで存在したが、戦災と戦後の企業整備で第七有隣堂(藤棚)を除いて消滅しており、また有隣堂と第七有隣堂との間にも現在は資本・人事関係はない。
<!--沿革ではなく不祥事 * 2010年 - [[神奈川県庁|神奈川県]]の不正経理に長年関与していた事が明らかになる。<ref>{{cite web|archiveurl=http://wayback.archive.org/web/20100118161749/http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/news/20100115-OYT8T00125.htm|url=http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/news/20100115-OYT8T00125.htm|title=県不正経理 有隣堂「預け金」認める|date=2010-01-15|archivedate=2010-01-18|publisher=[[Yomiuri Online]]|accessdate=2013-06-14}}</ref><ref>{{cite web|archivedate=20110223|archiveurl=http://wayback.archive.org/web/20110223072410/http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1001160006/|url=http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1001160006/|date=2010-01-16|title=県職員「預け金」着服で有隣堂が関与認める、金は返済/神奈川|publisher=[[神奈川新聞]]|accessdate=2013-06-14}}</ref><ref>{{cite web|archivedate=20100524|archiveurl=http://wayback.archive.org/web/20100524120240/http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1004290038/|url=http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1004290038/|title=県職員公金詐欺の「預け金」業者は有隣堂と染谷商店/神奈川|date=2010-01-30|accessdate=2013-06-14|publisher=神奈川新聞}}</ref>-->
 
== 店舗 ==
匿名利用者