「窓関数」の版間の差分

編集の要約なし
ある関数や信号(データ)に窓関数が掛け合わせられると、区間外は0になり、有限区間内だけが残るので、[[数値解析]]が容易になる。
窓関数は、[[スペクトル分析]]、[[フィルター|フィルタ]]・デザインや、[[コーデック#音声圧縮のコーデック|音声圧縮]]に応用される。
窓関数を単に'''窓''' (window) ともいい、データに窓関数を掛け合わせることを'''窓を掛ける''' (windowing) という。現実に実装可能な有限のタップ数を持つフィルタの性能のにおいて生じる制約の範囲内で周波数分解能とダイナミックレンジ間でバランス重み付け調節を行うための関数である。
 
==窓関数の意味==
匿名利用者