「世の中面白研究所」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
日々の生活で疑問に思ったこと、知りたいと思ったことを現場レポートを通して解明していく番組である。司会は「研究所長」[[小堺一機]]と「副所長」[[森山春香]](NHK[[2010年アナウンサー]][[3月22日]]までは、初代副所長として[[青木裕子 (1950年生)|青木裕子]]が、[[2013年]][[3月25日]]までは2代目副所長として[[山本志保]]が出演)。現場レポーターは「研究員」と呼ばれ、取材とスタジオでの報告を行う。
 
研究員には特にローテーションはなく、さまざまなタレント・俳優が登場するが、小堺と同じ[[浅井企画]]に所属するタレントの出番が比較的多い([[ずん]]、[[イワイガワ]]など)。
 
「非常勤研究員」の[[くどうみやこ<ref>2014年に「くどーみやこ]]」から改名</ref>はほぼ毎週出演する。また[[みうらじゅん]]が「特別名誉顧問」として年に1回出演する<ref>[http://www.nhk.or.jp/r1/omoshiro/kako1001.html 過去の面白研究ファイル 2010年1月](『世の中面白研究所』番組サイト)</ref>。
 
放送時間は毎週月曜日の20:05-20:55。実質的には『[[ふれあいラジオパーティ]]』(火曜日20:05-20:55)を系譜するもので、『[[おしゃべりクイズ疑問の館]]』、『[[話の泉|新・話の泉]]』は火曜日に移動(事実上枠交換)する。
*[[小堺一機]] - 研究所長(司会)
*[[森山春香]] - 副所長(進行役)
*くどみやこ - 非常勤研究員
:「トレンドウォッチャー」の肩書きで出演。「非常勤」であるが実際はほぼ毎週スタジオ出演し、研究員(レポーター)に代わってトレンドを紹介したり、番組後半で流行中の食べ物やカルチャーをレポートする。
===過去の出演者===
*[[青木裕子 (1950年生)|青木裕子]]([[2010年]][[3月22日]]まで、初代副所長)
*[[山本志保]]([[2013年]][[3月25日]]まで、2代目副所長)
 
== 構成 ==
*番組前半 - 研究員によるレポート。取材テープをもとにトークを繰り広げる。ただし、日本全国ですでに流行しているものを取り上げることはあまりなく、[[首都圏]](まれに[[大阪]]、[[名古屋]]など)で話題になっている事柄やスポットを取り上げることが多い。
*番組後半 - エンディング前にミニコーナーが挿入される(複数のコーナーが放送されることもある)。
**世の中面白研究準備室 - 流行しそうな食べ物、商品、カルチャーを、リスナーの投稿によって紹介する。くどが解説に加わることもある。
**世の中面白試食室 - くどが持ち込んだ最新フード(珍奇なものが多い)を小堺が試食し、採点を行う(「牛、3つです!」などと言いながら、[[牛]]の鳴き声を[[サンプラー]]で流す<ref>[[TBSテレビ]]『[[チューボーですよ!]]』のパロディ。</ref>)。
**面白アンテナ - 小堺が、個人的に興味を抱いているトピックを短く語る。
*[[2012年]]3月までは、番組中盤で音楽([[イージーリスニング]]系が多い)をかけ、20:30から2分間ニュースを放送していた(放送当日が[[祝日]]の場合はニュースは放送しない)が、4月以降は音楽・ニュースともに放送しなくなった。
匿名利用者