「ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団」の版間の差分

編集の要約なし
{{ウィキポータルリンク|クラシック音楽}}
'''ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団'''({{lang-de|'''Münchner Philharmoniker'''}})は[[ドイツ]]・[[ミュンヘン]]に本拠を置く[[オーケストラ]]である。略称はMPhil。
本拠地はミュンヘン市内の複合文化施設[[ガスタイク]]内にあるフィルハーモニー・ガスタイク。[[1893年]]に創立された'''カイム管弦楽団'''がその前身であり、[[1928年]]にミュンヘン市のオーケストラとなったことに伴い現在の名称に変更された。
 
==概略==
戦前は、[[アントン・ブルックナー|ブルックナー]]の弟子で、その交響曲の「改訂版」に名を残す[[フェルディナント・レーヴェ]]や、その交響曲の「原典版」の演奏の普及に努めた[[ジークムント・フォン・ハウゼッガー]]や[[オズヴァルト・カバスタ]]らが首席指揮者を務めた。また[[1906年]]には、[[ヴィルヘルム・フルトヴェングラー]]がこの楽団を指揮して楽壇デビューを果たした。[[グスタフ・マーラー]]とも深い縁があり、マーラー自身の指揮で[[1901年]]に[[交響曲第4番 (マーラー)|交響曲第4番]]を、また[[1910年]]には[[交響曲第8番 (マーラー)|交響曲第8番]]を初演している。[[1911年]]には[[ブルーノ・ワルター]]の指揮のもとで、[[大地の歌]]の初演も行った。他の完成された交響曲はすべて別々の団体が初演しているので、これは特別に深い縁といってよい。
[[2012年]]からは[[ロリン・マゼール]]が首席指揮者に就任し、[[2015年]]以降の首席指揮者が決定するまでの任期とされていたが、後任が[[ワレリー・ゲルギエフ]]に決まったと2013年1月に発表された。
 
なお、このオーケストラは、[[マリス・ヤンソンス]]率いる[[バイエルン放送交響楽団]]とハイレベルな競合関係にあり、そのことはミュンヘン市民の大きな誇りとなっている。初演曲や歴代首席指揮者の得意曲、さらには地元が生んだ作曲家ということもあり、マーラーやブルックナー、[[リヒャルト・ワーグナー]]、そして[[リヒャルト・シュトラウス]]を得意としている。中でもブルックナーは、交響曲第9番原典版の初演者[[ジークムント・フォン・ハウゼッガー]]をはじめ歴代首席指揮者それぞれが得意とし、数々の録音を残している。
 
== 歴代指揮者==