「フィラデルフィア郡 (ペンシルベニア州)」の版間の差分

m
スカイルキルをスクーカルに
m
m (スカイルキルをスクーカルに)
フィラデルフィアとは「兄弟愛」を意味しており、ペンは宗教的寛容さと礼拝の自由が確保される場所にしようと考えた<ref>[http://www.americaslibrary.gov/cgi-bin/page.cgi/jb/colonial/penn_3 William Penn Was Born<!-- Bot generated title -->]</ref>。フィラデルフィアという名前は、[[新約聖書]]の[[ヨハネの黙示録]]で[[アラシェヒル|古代アジアの小さな都市]]にも使われていた。[[クエーカー]]教徒であるウィリアム・ペンの考えでは、「神聖なる実験」<ref>[http://www.pym.org/exhibit/p078.html Quakers and the Political Process - Penn's Holy Experiment]</ref>が[[最後の審判]]で無実となることを願っていた。
 
フィラデルフィア郡が設立されたとき、東は[[デラウェア川]]、南はスクーイルキル川、北はバックス郡の間にある地域で構成されており、西の境界は定義されていなかった。後にその領域から2つの郡が設立された。1752年に、チェスター郡、[[ランカスター郡 (ペンシルベニア州)|ランカスター郡]]、フィラデルフィア郡のそれぞれ一部を合わせて[[バークス郡 (ペンシルベニア州)|バークス郡]]が設立された。1784年には[[モンゴメリー郡 (ペンシルベニア州)|モンゴメリー郡]]が作られた。これらの分離に加えて、境界の修正もあり、現在のフィラデルフィア郡領域ができた。
 
フィラデルフィア市はペンが区画割りを行い、現在の市ではサウス通りとバイン通りの間、デラウェア川とスクーイルキル川の間のみで構成されていた。その他の開拓地が市の領域を越えて設立され、時代と共に法人化され、別の政府を戴くようになった。
 
これら開拓地の中で、南部のサウスウォークやモイアメンシング地区、北部のノーザンリバティーズ、ケンジントン、スプリングガーデン、ペンの各地区など、西のウェストフィラデルフィアとブロックリー各地区は、市の元々あった地域に直接接してあったので、市と結合されて事実上1つの町を造り上げ、全体として単純にフィラデルフィアと呼ばれるようになった。
|publisher=United States Census
|accessdate=2013-04-13
}}</ref>。郡内の河川はデラウェア川、スクーイルキル川、コブス・クリーク、ウィサヒコン・クリーク、ペニーパック・クリークがある。
 
郡内の標高最低地点はサウスウェスト・フィラデルフィアにあるミフリン砦近く、デラウェア川とスクーイルキル川の合流点であり、標高は10フィート (3 m) である。最高地点はエバーグリーン・アベニューの北と西、エバーグリーン・プレース近くのチェスナットヒルであり、海抜432フィート (132 m) である。
 
=== 隣接する郡 ===