「ローテンブルク・オプ・デア・タウバー」の版間の差分

m (ボット: 言語間リンク 35 件をウィキデータ上の d:q153494 に転記)
[[Image:Rothenburg ob der Tauber um 1900.jpg|left|220px|thumb|1900年頃のローテンブルク]]
 
[[1688年]]の[[大同盟戦争]]では、フランスの侵攻を受けてドイツ側の軍隊(Landwehr[[ラントヴェーア (軍事)|ラントヴェーア]])は大損害を受けたがローテンブルクは占領されなかった。街の再建は[[18世紀]]まで続いた。
 
[[1793年]]の[[フランス革命戦争]]もこの地に大きな騒乱をもたらした。この頃、既に[[アンスバッハ侯領]]と[[バイロイト侯領]]を引き継いだ[[プロイセン王国]]はローテンブルクとの間で国境を画定する合意書に署名している。この事は、ローテンブルクのような小さな帝国都市であっても、その独立性を認められていた事を意味している。
匿名利用者