「生物に関する世界一の一覧」の版間の差分

2013年12月29日 (日) 06:15‎  理由は3年前ノートで書きました 3年間改善なし 出典皆無のままの差し戻し
m (→‎被子植物: ミス修正)
(2013年12月29日 (日) 06:15‎  理由は3年前ノートで書きました 3年間改善なし 出典皆無のままの差し戻し)
タグ: サイズの大幅な増減
{{複数の問題|出典の明記=2013年11月|正確性=2013年11月}}
'''生物に関する世界一の一覧'''(せいぶつにかんするせかいいちのいちらん)は、[[生物]]に関する[[世界]]で一番や一位の一覧。
 
最大個体を種の代表とはしない。例えば、[[ヒト]]の最大個体記録が身長3m弱だからと言って、それはヒトという種の体格を示すために優先的に記されるべき数値ではなく、生物としての可能性を示すものでしかない。
 
== 動物 ==
=== 脊椎動物 ===
==== 哺乳類 ====
;体格・大きさ(総合)
* 世界一大きい[[哺乳類]]、世界一大きい[[動物]]。→ [[シロナガスクジラ]]。既知で史上最大の動物。世界一大きな[[脳]]を持つ。平均的[[体長|全長]]約30m<!--注:最大個体を種の代表としない-->。
* 世界一背が高い動物。→ [[キリン]]。世界一大きい[[ウシ目|偶蹄類]]。体高<ref group="注">頭頂高。キリンの場合、体高=肩高ではない--</ref>5.6m。
* 世界一大きい陸棲動物 → [[アフリカゾウ]]、平均体長7.0m。
* 世界一大きい[[肉食動物]] → [[マッコウクジラ]] (平均的全長16- 18m)。世界一大きい[[脳]]を持つ動物(平均8kg)。
* 世界一長い[[脚|四肢]]を持つ動物 → [[ザトウクジラ]]、前肢(胸鰭)の長さ約5m。
* 世界一大きい[[ネコ目|食肉類]] → [[ミナミゾウアザラシ]] 、体重4 t。
* 世界一大きい陸棲食肉類 → [[ホッキョクグマ]]、体長250cm{{要出典|date=2013年12月}}。
* 世界一大きい[[ネコ科]]動物 → [[トラ]] 、体長250cm{{要出典|date=2013年12月}}。
* 世界一大きい[[イヌ科]]動物{{要出典|date=2013年12月}} → [[オオカミ]]、体長120cm{{要出典|date=2013年12月}}。
* 世界一大きい[[イヌ]]→ [[アイリッシュウルフハウンド]]、平均体高85- 90cm。
* 世界一小さいイヌ → [[チワワ]]、平均体高15- 25cm。
* 世界一大きい[[サイ]] → [[インドサイ]] 、体長380cm、体重2,200kg。世界最大の[[ウマ目|奇蹄類]]。
* 世界一大きい[[シカ科]]動物 → [[ヘラジカ]]、肩高2mを超える。
* 世界一小さい[[ゾウ]] → [[マルミミゾウ]]
* 世界一大きい[[ネズミ目|齧歯類]] → [[カピバラ]]、体長105- 135cm。
* 現生最大の[[飛翔]]性[[哺乳類]] → [[ジャワオオコウモリ]] [[w:Pteropus vampyrus|en]](現生最大の[[コウモリ|コウモリ(翼手類)]])。[[翼開長]]約170cm(''cf.'' [[1 E0 m]])。
* 世界一大きい[[サル目|霊長類]] → [[ゴリラ]]、身長200cm。
* 世界一小さい霊長類→ [[ピグミーネズミキツネザル]] 、全長約14cm、体長(頭胴長)約6.2cm、体重約30g。
* 世界一小さい哺乳類 → [[トウキョウトガリネズミ]]、頭胴長約50mm、尾長約30mm。
;体格・大きさ(個体記録)
* 世界一大きい、[[ウマ]]の一個体。[[サンプソン]]、体高216cm、体重1,524kg。
* 世界一小さい、ウマの一個体(成馬)。[[リトル・パンプキン]]、体高36cm、体重9kg。
;身体能力
<!--スピード:速い順-->
* 世界一走るのが速い動物 → [[チーター]] 、(限定条件:平地で短距離)。時速115km。
* 世界一速い馬 → [[クォーターホース|アメリカンクォーターホース]] (騎乗。短距離に限定した場合)。瞬間最高時速88.5km。
* 世界一速いウマ → [[サラブレッド]] (騎乗。中距離に限定した場合)。平均時速75km(200m)、68km(1km)、60km(3.6km){{要出典|date=2013年12月}}。
* 世界一速い[[イヌ]] → [[グレイハウンド (犬種)|グレイハウンド]]、最高時速66km{{要出典|date=2013年12月}}(未公認の記録では68km)。
<!--その他-->
* 世界一持久力のあるウマ → [[アラブ種|アラブ]]、騎乗で160kmを6時間半(平均時速25km)。
* 世界一の潜水能力を持つ[[肺呼吸]]動物 → [[マッコウクジラ]] (最大深度3,000m)。
;生態全般
* 世界で最も広範囲に生息する[[サル目|霊長類]]。世界で最も高緯度に生息する霊長類。→ [[ヒト]]
* 世界で[[北限のサル|最も高緯度に生息する]][[サル]] → [[ニホンザル]]
* 世界一怖い物知らずの動物(the most fearless animal、ギネス・ワールド・レコーズによる定義[認定]) → [[ラーテル]] 。[[コブラ]]の毒でも死なず、[[ヤマアラシ]]の針も寄せ付けない硬い背中を持ち、ライオンの獲物を横取りすることもある。<ref>テレビ番組『[[ダーウィンが来た!]]』によっても補足。</ref>
 
==== 鳥類 ====
;体格・大きさ
* 世界一大きい[[鳥類]]、世界一重い鳥 → [[ダチョウ]] (体高2.5m)(最大個体体重150kg程度)。世界一高速の[[二足歩行]]機構(人工物を含む。時速70km以上)。
* 世界一小さい鳥 → [[マメハチドリ]] 、体長約6cm。
* 現生最長の翼を持つ鳥 → [[ワタリアホウドリ]] (平均的[[翼開長]]300cm<!--注:最大個体を種の代表としない-->)。世界最大の海鳥。
* 世界一大きい飛ぶ鳥。世界一大きい[[猛禽類]] → [[コンドル]]
* 世界一大きく重い卵 → [[ダチョウ]]の[[卵]] 。長径17cm、重いもので1.9kg。その[[黄身]]は最大の[[卵子]]であり[[細胞]]、直径8cm。
;身体能力
<!--スピード、移動能力-->
* 世界一高速で飛ぶ鳥 → [[ハヤブサ]]、降下時は時速300kmに達するとされる。
* 水平飛翔が世界一速い鳥 → [[ハリオアマツバメ]]、時速約170km。
* 失速せずに世界一遅く飛ぶことができる鳥 → [[アメリカヤマシギ]]([[w:Scolopax minor|en]])ディスプレイフライト時に時速8km。
* 世界一長い距離を飛ぶ[[渡り鳥]] → [[キョクアジサシ]] 。南極圏⇔北極圏(往復32,000km)。
* 世界一深い潜水能力を持つ鳥 → [[コウテイペンギン]]、最大深度600m。<!--世界一南で繁殖する脊椎動物はユキドリであり、本種ではありません。!-->
;生態全般
* 世界一大きな[[巣]]を作る鳥 → [[シャカイハタオリドリ]]([[w:Philetairus socius|en]])、集団営巣をするため大きな物では直径10m以上にもなる。
* 世界一大きな[[群れ]]を作る鳥 → [[フラミンゴ]]、最大記録は約200万羽。
 
==== 爬虫類 ====
<!--注:最大個体を種の代表としない-->
;体格・大きさ
* 世界一大きい現生[[ワニ]] → [[ミンドロワニ]]([[w:Crocodylus mindorensis|en]])、最大全長約690cm。確実な記録のある現生種では最大種。
* 世界一大きい[[トカゲ]] → [[コモドオオトカゲ]] 、最大全長313cm、最大体重166kg。
* 世界一長いトカゲ → [[ハナブトオオトカゲ]] 。最大全長475cmとされるが標本や計測記録そのものは不明。
* 世界一大きい[[ヤモリ科|ヤモリ]] → [[ツギオミカドヤモリ]] 。最大全長43cm。
* 世界一重いヘビ → [[オオアナコンダ]] 、体重350kg。
* 世界一長いヘビ → [[アミメニシキヘビ]]、最大全長990cm。
* 世界一大きい[[カメ]] → [[オサガメ]]、最大甲長256cm。
* 史上最大のカメ→ [[絶滅|†]][[アーケロン]]。全長約4m、甲長2.2m、全幅約5m、体重約2t。
;身体能力
* 世界一大きい毒ヘビ → [[キングコブラ]]、全長550cm。
* 世界一強力な毒を持つ陸棲ヘビ → [[タイパン#ナイリクタイパン|ナイリクタイパン]]
<!--
;生態全般
* 世界一短命な爬虫類 → [[ラボードカメレオン]]、4 - 5ヶ月の寿命。[[要出典]]
-->
 
==== 両生類 ====
<!--注:最大個体を種の代表としない-->
;体格・大きさ
* 世界一大きい[[有尾目]] → [[チュウゴクオオサンショウウオ]]。世界一大きい[[両生類]]。平均的全長115cm、平均的体重25– 30kg。最大全長180cm。
* 世界一大きい[[カエル|カエル(無尾目)]] → [[ゴライアスガエル]]、最大体長36.8cm。
 
==== 魚類 ====
<!--
==== 無顎類 ====
==== 軟骨魚類 ====
==== 硬骨魚類 ====
-->
;体格・大きさ
* 世界一大きい[[軟骨魚類]]。世界一大きい[[魚類]] → [[ジンベエザメ]]
* 世界一小さい魚類、世界一小さい[[脊椎動物]] → [[パエドキプリス・プロゲネティカ]]([[ドワーフ・フェアリー・ミノー]])。成魚で7.9- 10mm。
** [[ポトコリヌス・スピニケプス]]のオス(成魚で約6mm)を最小とする説もあるが、メスはオスの十数倍大きい。
* 世界一大きい[[硬骨魚類]] → [[マンボウ]]
* 世界一長い体を持つ[[硬骨魚類]] → [[リュウグウノツカイ]] 、体長10m。
* 世界一大きい[[淡水魚]] → [[ヨーロッパオオナマズ]]([[w:Silurus glanis|en]])、[[ピラルクー]]
;身体能力
* 世界一泳ぐのが速い魚 → [[バショウカジキ]]、105km/時。
* 世界一動きが遅い魚類 → [[タツノオトシゴ]]
;生態全般
* 世界一、一度に多く卵を産む生物 → [[マンボウ]] 。約3億個。
* 世界一深い海に棲む魚 → [[ヨミノアシロ]] 、深度水深8,370mで発見。
 
=== 節足動物 ===
{{Ambox
| type = content
| image-file = Nuvola apps important.svg
| style = font-size: 7085%
| text =
'''この節は特に出典が不明な項目です。追加す記事の編集を考えていとき信頼以下の点値する根拠お気明示してつけください。'''
* '''出典の不明なものを載せないでください。'''記事を追加するときは<u>信頼できる根拠や出典を明示</u>してください。
* '''世界一の<u>記録が頻繁に変わりやすいものは載せない</U>でください。'''(ギネスレコードへの挑戦など)
* '''世界一の<u>記録が更新された場合、速やかに除去し、正しい記事へ修正</u>してください。'''
* まだ記事がない記録(赤リンク記事)は、先に記事を作成してから一覧へ追加するよう心がけてください。
}}
{{出典の明記|date=2009年9月}}
;昆虫類
'''生物に関する世界一の一覧'''(せいぶつにかんするせかいいちのいちらん)は、[[生物]]に関する[[世界]]で一番や一位の一覧。
* 世界一重い、飛翔性[[昆虫]] → [[ゴライアスオオツノハナムグリ]]
* 世界一大きい[[カブトムシ亜科|カブトムシ]] → [[ヘラクレスオオカブト]] 、最大全長17.5cm。
* 世界一重いカブトムシ → [[ゾウカブト属|ゾウカブト]]、メスが大きい。
* 世界一長い[[クワガタムシ]] → [[ギラファノコギリクワガタ]]、[[マンディブラリスフタマタクワガタ]]
* 世界一大きい[[クワガタムシ]] → [[ヒラタクワガタ|オオヒラタクワガタ]]、[[アルケスツヤクワガタ]]
* 世界一小さい[[クワガタムシ]] → [[マダラクワガタ]]
* 世界一美しいと言われる[[クワガタムシ]] → [[ニジイロクワガタ]]、際立った光沢色を持つことでそのように言われる。
* 世界一大きい[[カミキリムシ]] → [[タイタンオオウスバカミキリ]]
* 世界一長生きした昆虫 → [[ブプレスティス・スプレンデンス]]([[タマムシ]]の一種) 37年。
: [[シロアリ]]の女王アリには40年生きた個体があるとされるが、真偽は定かでない。
* 世界一小さい甲虫 → [[ケシツブムクゲキノコムシ]] 、体長0.5mm。
* 世界一大きい[[チョウ]] → [[ゴライアストリバネアゲハ]]、[[アレクサンドラトリバネアゲハ]]
* 世界一小さいチョウ → [[エキリスチビシジミ]] 、開長約10mm。
* 世界一大きい[[ガ]] → [[ヨナクニサン|ヘラクレスサン]]、[[ナンベイオオヤガ]]
<!--
* [[ニシキオオツバメガ]] - 世界一美しい[[ガ]]。[[要出典]]|「美しいといわれている」ではなく、「世界一美しい根拠」を明示する事
-->
* 世界一口器が長いガ → [[キサントパンスズメ]]
* 世界一大きい[[双翅目]] → [[オオムシヒキモドキ]]
* 世界一大きい[[スズメバチ]] → [[オオスズメバチ]]
* 世界一大きい[[ハチ]] → [[オオベッコウバチ]]
* 世界一大きい[[アリ]] → [[ディノハリアリ]]、体長4cm。
* 世界一深い巣を作るアリ → [[クロナガアリ]]
* 世界一大きい[[セミ]] → [[セミ#おもな種類|テイオウゼミ]]
* 世界一小さいセミ → [[イワサキクサゼミ]]
* 世界一幼虫期間の長い昆虫。土の中で16年間過ごす。→ [[周期ゼミ|ジュウシチネンゼミ]]
* 世界一大きい[[水生昆虫]]で[[半翅目]] → [[ナンベイオオタガメ]]
* 世界一大きい[[バッタ]] → [[オオサマボウバッタ]]、[[シタベニバッタ]]
* 世界一大きい[[キリギリス]] → [[ニューギニアオオコノハギス]] 、体長15cm。
* 世界一大きい[[コオロギ]] → [[マダガスカルオオコオロギ]] 、体長8cm。
* 世界一長い[[昆虫]] → [[ナナフシ|オオトビナナフシ]]
* 世界一重い飛べない昆虫 → [[ナナフシ|サカダチコノハナナフシ]]
* 世界一大きい[[トンボ]] → [[テイオウムカシヤンマ]] 、翼長17cm、体長17cm。
* 世界一小さい[[トンボ]] → [[ハッチョウトンボ]]、体長2cm。
* 世界一大きい[[イトトンボ]] → [[オオハビロイトトンボ]]、体長18cm。
* 世界一大きい[[ゴキブリ]] → [[ゴキブリ|オオメンガタブラベルスゴキブリ]]、[[ゴキブリ|ナンベイオオチャバネゴキブリ]]、[[ゴキブリ|ヨロイモグラゴキブリ]]
;鋏角類
<!-- クモ、サソリ、カブトガニ、ウミグモ -->
* 世界一大きい造網性の[[クモ]] → [[オオジョロウグモ]] 、体長6cm、全長18cm。
* 世界一大きい[[クモ]] → [[ゴライアスバードイーター]] ([[タランチュラ]]の一種)。
* 世界一大きい[[サソリ]] → [[ダイオウサソリ]] 、全長20cm。
* 世界一大きい[[クモ]]の仲間 → [[カブトガニ]]
;多足類
* 体長40cm以上になる世界一の[[ムカデ]] → [[ペルビアンジャイアントオオムカデ]]
* 世界一脚の数が多い節足動物 → [[ヤスデ]]の一種([[パナマ]]で発見された) 784本。
* 世界一大きい[[ヤスデ]] → [[アフリカオオヤスデ]] 、最大全長30cm。
;甲殻類
* 世界最深部に生息する動物 → [[カイコウオオソコエビ]]、生息深度10,900m。
* 世界一大きい[[エビ]] → [[アメリカンロブスター]]、世界一寿命の長い節足動物で、100年以上生きる。
* 世界一大きい[[ザリガニ]]でかつ、淡水生甲殻類 → [[タスマニアオオザリガニ]]
* 世界一大きい([[嵩]]だかい)[[節足動物]] → [[タカアシガニ]]
* 世界一重い[[カニ]] → [[タスマニアオオガニ]]
* 世界一大きい陸生[[甲殻類]] → [[ヤシガニ]]
* 世界一大きい[[ヤドカリ]]の仲間 → [[タラバガニ]]
* 世界一大きい[[ワラジムシ目]] → [[ダイオウグソクムシ]]、体長50cm
 
=== 軟体動物 ===
<!--
;腹足類
;二枚貝類
;多板類
;掘足類
;頭足類
-->
* 世界一大きい[[軟体動物]]、世界一大きい[[無脊椎動物]]。世界最大の眼を持つ動物。→[[ダイオウイカ]]、[[ダイオウホウズキイカ]]
* 世界一大きい[[タコ]] → [[ミズダコ]]
* 世界一大きい[[二枚貝]] → [[オオジャコガイ]]
* 世界一長生きした二枚貝 → [[アイスランドガイ]]
* 世界一大きい[[巻き貝]] → [[アラフラオオニシ]]
* 世界一大きい[[陸貝]] → [[アフリカマイマイ]]
 
=== 環形動物 ===
<!-- ミミズ、ゴカイ -->
* 世界一長い[[ミミズ]] → [[ミクロカエトゥス・ラピ]] (''Microchaetus rappi'') 、最大全長6.7m。
 
=== 棘皮動物 ===
<!-- ウニ、ヒトデ、クモヒトデ、ナマコ、ウミユリ -->
* 世界一大きい[[棘皮動物]] → [[オオイカリナマコ]]
 
=== 刺胞動物 ===
<!-- クラゲ、イソギンチャク、サンゴ -->
* 世界一大きい[[刺胞動物]] → [[マヨイアイオイクラゲ]] 、体長40m程度。
* 世界一大きい[[珊瑚礁]] → [[グレートバリアリーフ]]、長さ2000キロメートル。
<!--
=== 海綿動物 ===
=== 平板動物 ===
(センモウヒラムシ)
=== 刺胞動物 ===
=== 有櫛動物 ===
(クシクラゲ)
=== 中生動物 ===
(ニハイチュウ)
=== 扁形動物 ===
(ウズムシ、プラナリア)
=== 紐形動物 ===
(ヒモムシ)
=== 顎口動物 ===
=== 腹毛動物 ===
=== 輪形動物 ===
(ワムシ)
=== 動吻動物 ===
=== 鉤頭動物 ===
=== 内肛動物 ===
=== 線形動物 ===
(回虫、C. elegans)
=== 類線形動物 ===
(ハリガネムシ)
=== 外肛動物 ===
=== 箒虫動物 ===
=== 腕足動物 ===
=== 鰓曳動物 ===
=== 星口動物 ===
(ホシムシ)
=== ユムシ動物 ===
=== 緩歩動物 ===
(クマムシ)
=== 五口動物 ===
=== 有爪動物 ===
(カギムシ)
=== 有鬚動物 ===
=== 毛顎動物 ===
(ヤムシ)
=== 半索動物 ===
(ギボシムシ)
=== 原索動物 ===
;尾索類
(ホヤ)
;頭索類
(ナメクジウオ)
-->
 
== 植物 ==
=== 被子植物 ===
==== 総合 ====
<!--
* [[オウシュウトウヒ]](ノルウェー・スプルース) 世界一長く生きる植物([[樹齢]]世界一の木)。一個体 Old Tjikko (後述)が約9,550歳。地球上で最も長く生きている[[生物]]と言われることもある<ref>[http://news.nationalgeographic.com/news/2008/04/080414-oldest-tree.html Oldest Living Tree Found in Sweden-National Geographic News]</ref>。<!-- 元リンク先「トウヒ」は日本固有種です -->
維管束植物<種子植物<被子植物
* [[ストリンギーガム]](学名:{{snamei||Eucalyptus regnans}}、英語名:Stringy Gum、Mountain Ash、等々)の一個体 - 記録に残るものとして世界一'''高かった'''木。オーストラリアは[[ビクトリア州]]のワッツ川 (Watts River) 付近にあった一個体が、樹高132.58m<ref>[http://www.wood.co.jp/mame/sekaiichi.htm 世界一高い木は - 木の情報発信基地]</ref>あった。<ref>Carder, A. (1995). Forest giants of the world: past and present Carder, A. (1995). Forest giants of the world: past and present. Ontario: Fitzhenry and Whiteside</ref><ref>[http://www.woodstar.biz/jp/wamei-2173.html ユーカリプタスレグナンス - 世界の有用木材2391種から和名で検索]</ref>なお、Mountain Ash (マウンテンアッシュ)は種の英語名の一つであって、個体名のように語られるのは誤りである。個体名は不明もしくは存在しない。また、[[ナナカマド属]] ({{snamei||Sorbus}}) も英語では Mountain Ash (cf. [[w:Mountain Ash|en]])と同名で呼ぶので注意が必要。
-->
* [[シャーマン将軍の木]](一個体) - 世界一'''大きい'''[[木]]。体積約1,486m&sup3;、直径11.1m、周囲31.3m、樹高約84m。
<!--
;双子葉
;単子葉
-->
;総合
* 世界一[[体積]]が大きくなる[[木]]、世界一体積が大きくなる[[植物]] → [[セコイアデンドロン]]、樹高80m以上。一個体「[[シャーマン将軍の木]]」については後述。
* 世界一長く生きる植物([[樹齢]]世界一の木) → [[オウシュウトウヒ]](ノルウェー・スプルース)。一個体 Old Tjikko (後述)が約9,550歳。地球上で最も長く生きている[[生物]]と言われることもある<ref>[http://news.nationalgeographic.com/news/2008/04/080414-oldest-tree.html Oldest Living Tree Found in Sweden-National Geographic News]</ref>。<!-- 元リンク先「トウヒ」は日本固有種です -->
* 世界一大きい[[花]]を付ける植物 → [[ラフレシア]]、[[スマトラオオコンニャク]]<!-- Amorphophallus titanum -->、[[コウリバヤシ]]、花の構造が異なる3種が、それぞれに注目点の異なる「世界最大」として存在する。
* 世界一小さい花、世界一小さい[[種子植物]](種子植物=被子植物+裸子植物) → [[ミジンコウキクサ]]
* 世界一大きな[[葉]]を付ける植物 → [[オオオニバス]]
* 世界一大きい[[種子]]をもつ植物 → [[オオミヤシ]]([[w:Coco de Mer|en]])、1個の種子の重さは20kgで、成長に10年かかる。
* 世界一成長の速い植物 → [[竹]] 、一日で約120cm伸びる。
;種別
* 世界一大きい[[竹]] → [[ゾウタケ]]([[w:Dendrocalamus|en]]) ''Dendrocalamus giganteus'' で、最大30m。
* 世界一高い[[ヤシ]] → [[ケロクシロン・クインディウエンセ]]([[w:Ceroxylon quindiuense|en]])、樹高50- 60m。
* 世界一大きい[[ダイコン]] → [[桜島大根]]
* 世界一小さい[[ミカン]] → [[サクラジマミカン|桜島小みかん]]
* 世界一[[スコヴィル値]]の高い[[トウガラシ]](世界一辛いトウガラシ) → [[ブート・ジョロキア]] 、2007年2月にギネス公認。品種開発競争によって今後、「世界一」が更新される可能性はある。また、スコヴィル値はトウガラシに限定された判定基準であり、他との比較は不可能。
;個体記録
* 現存する木として世界一'''高い'''木(一個体) → [[ハイペリオン (木)|ハイペリオン]] 、アメリカはカリフォルニア州のレッドウッド海岸にあるもので、樹高115.55m。
* 記録に残るものとして世界一'''高かった'''木 → [[ストリンギーガム]](学名:{{snamei||Eucalyptus regnans}}、英語名:Stringy Gum、Mountain Ash、等々)の一個体。オーストラリアは[[ビクトリア州]]のワッツ川 (Watts River) 付近にあった一個体が、樹高132.58m<ref>[http://www.wood.co.jp/mame/sekaiichi.htm 世界一高い木は - 木の情報発信基地]</ref>あった。<ref>Carder, A. (1995). Forest giants of the world: past and present Carder, A. (1995). Forest giants of the world: past and present. Ontario: Fitzhenry and Whiteside</ref><ref>[http://www.woodstar.biz/jp/wamei-2173.html ユーカリプタスレグナンス - 世界の有用木材2391種から和名で検索]</ref>なお、Mountain Ash (マウンテンアッシュ)は種の英語名の一つであって、個体名のように語られるのは誤りである。個体名は不明もしくは存在しない。また、[[ナナカマド属]] ({{snamei||Sorbus}}) も英語では Mountain Ash (cf. [[w:Mountain Ash|en]])と同名で呼ぶので注意が必要。
* 世界一'''大きい'''[[木]](一個体)  → [[シャーマン将軍の木]]、体積約1,486m&sup3;、直径11.1m、周囲31.3m、樹高約84m。
* 世界一'''太い'''木(一個体)。[[エル・トゥーレ]](一個体、[[w:Árbol del Tule|en]]) - メキシコは[[オアハカ州]]サンタ・マリア・デル・トゥーレ([[w:Santa María del Tule, Oaxaca|en]])に所在する[[メキシコラクウショウ]]([[w:Taxodium mucronatum|en]])の一個体。2005年時点での計測によると周囲36.2m、直径11.6m、樹高約35m。
* 現在、世界で最も長く生きている植物(樹齢世界一の木。一個体) → {{sname||Old Tjikko}} (日本語名未確認) [[スウェーデン]]に所在する[[オウシュウトウヒ]]で推定樹齢およそ9,550歳。
 
=== 裸子植物 ===
<!--
維管束植物<種子植物<裸子植物
-->
<!--
;球果植物
;ソテツ
;イチョウ
;マオウ
-->
{{節stub}}
 
=== シダ ===
<!--
維管束植物<非種子植物
-->
<!--
;古マツバラン
;ヒゲノカズラ
;トクサ植物
;ハナヤスリ
;シダ植物
-->
{{節stub}}
 
=== コケ ===
<!--
無維管束植物
-->
{{節stub}}
<!--
=== 藻 ===
→[[#原生動物]]に分類
-->
 
== 真菌 ==
* [[オニナラタケ]]([[学名]]:{{snamei||Armillaria ostoyae}} [アルミラリア・オストヤエ]) - 世界一大きく生長する[[キノコ]]。世界一大きくなる[[生物]](一部[[真菌学|真菌学者]]の主張) → [[オニナラタケ]]([[学名]]:{{snamei||Armillaria ostoyae}} [アルミラリア・オストヤエ]) 。[[ナラタケ属]]の一種。[[アメリカ合衆国|アメリカ]][[オレゴン州]]の[[マルール国有林]]で発見された同一遺伝子由来のコロニー([[個体群]])は、[[菌糸]]が覆う地表[[面積]]約8.903[[平方キロメートル|km&sup2;]]<ref>原数値の 2,200[[エーカー|ac]] より換算。</ref>であった。<ref>[http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/869808.stm BBC News report about the largest Armillaria in the world]</ref><ref>[http://www.bioportal.jp/ja/Column/2008/04/post_40.html シリーズ「進化生物学」第4回:菌界 - Jabion]</ref>
* ''Thermomyces lanuginosus'' - 最も高い温度で生育が可能な[[真核生物]] → ''Thermomyces lanuginosus'' (60℃)。
 
== 真正細菌(バクテリア) ==
== 原生生物 ==
* ''Rubrobacter radiotolerans'' - 最も強い[[放射線]]に耐える生物(16,000 Gyの[[X線]]照射で37%生残)<ref>{{cite journal | author = 齊藤剛 | title = 極限環境微生物;放射線耐性細菌の放射線耐性機構 | journal = Viva Origino | year = 2007 | volume = 35 | issue = | pages = 85-92}}</ref>。
=== 藻類 ===
* [[アルカリフィルス・トランスヴァーレンシス|''Alkaliphilus transvaalensis'']] - 最も高い[[水素イオン指数|pH]]で生育が可能な生物 (pH12.4)<ref name="takai2010">{{ cite journal | author = 高井研 | date = 2010 | title = 地球化学と微生物学から迫る非生命圏と生命圏の境界 | journal = 地球科学 | volume = 44 | pages = 103&ndash;114 }}</ref>。
* 最も低い[[pH]]で生育が可能な真核生物 → [[イデユコゴメ|''Cyanidium caldarium'']] (pH0.24)。
* ''Psychromonas ingrahamii'' - (実証された中では)最も低い温度で活動できる微生物(-12℃)<ref name="takai2010" />。
 
== 古細菌(アーキア) ==
=== 原生動物 ===
* [[イグニコックス属|''Ignicoccus hospitalis'']] - 最もゲノムサイズが小さな自由生活性(寄生性でない)の生物(1.3 Mbp)<ref>{{ cite journal | author = Podar M, ''et al.'' | date = 2008 | title = A genomic analysis of the archaeal system ''Ignicoccus hospitalis''-''Nanoarchaeum equitans'' | journal = Genome Biol. | volume = 9 | issue = 11}}</ref>。
<!--
* [[メタノピュルス・カンドレリ|''Methanopyrus kandleri'']] 116株 - 最も高い温度で生育が可能な生物(122{{℃}}、400気圧)。130℃で3時間以上生残<ref>{{cite journal | author = Takai K, Nakamura K, Toki T, Tsunogai U, Miyazaki M, Miyazaki J, Hirayama H, Nakagawa S, Nunoura T, Horikoshi K | title = Cell proliferation at 122°C and isotopically heavy CH4 production by a hyperthermophilic methanogen under high-pressure cultivation | journal = Proc Natl Acad Sci U S A | year = 2008 | volume = 105 | issue = | pages = 10949-54}} {{DOI|10.1073/pnas.0712334105}}</ref>
;根足虫類
* [[アエロピュルム・ペルニクス|''Aeropyrum pernix'']] - 最も高い温度で生育が可能な偏性好気性生物(100℃)。
:繊毛虫類
* [[テルモプラズマ綱]]の複数種 - 最も低いpH(強酸)で生息が可能な生物<ref>{{cite journal | author = Manuel Ferrer ''et al.'' | title = The cellular machinery of Ferroplasma acidiphilum is iron-protein-dominated
;鞭毛虫類
| journal = Nature | year = 2007 | volume = 445 | issue = | pages = 91-94 }}</ref>(''[[ピクロフィルス属|Picrophilus]]''はpH-0.07で増殖<ref>{{ cite journal | author = Schleper C, Puehler G, Holz I, Gambacorta A, Janekovic D, Santarius U, Klenk HP, Zillig W | date = 1995 | title = Picrophilus gen. nov., fam. nov.: a novel aerobic, heterotrophic, thermoacidophilic genus and family comprising archaea capable of growth around pH 0 | journal = J. Bacteriol. | volume = 177 | pages = 7050&ndash;7059 | id = PMID 8522509}}</ref>)。
;胞子虫類
-->
* 最も[[ゲノム]]サイズが大きな生物  → ''アメーバ・デュービア'' ([[:en:Amoeba dubia|en]]) (670 Gbp)。
 
== その他リザリア ==
*Syringammina fragilissima - 最も大きい[[単細胞生物]]。20cm以上。<ref>[http://www.newscientist.com/article/dn18468 Zoologger: 'Living beach ball' is giant single cell - New Scientist]</ref>
=== 原核生物 ===
==== 真正細菌(バクテリア) ====
* 最もゲノムサイズが小さな生物 (160 k[[塩基対|bp]]) → "''Candidatus'' Carsonella ruddii" (ただし、[[偏性細胞]]内共生体)
* 最も高い温度で生育が可能な[[真正細菌]] → ''Aquifex pyrophilus'' (95℃)。
* 最も強い[[放射線]]に耐える生物 → ''Rubrobacter radiotolerans'' (16,000 Gyで37%生残)
* 最も高い[[水素イオン指数|pH]]で生育が可能な生物 → [[アルカリフィルス・トランスヴァーレンシス|''Alkaliphilus transvaalensis'']] 、(pH12.5)。
* 最も高圧力に耐える生物 → ''Moritella yayanosii'' (1,100気圧)。
* 最も強い毒を産生する生物 → [[ボツリヌス菌|''Clostridium botulinum'']]
 
==== 古細菌(アーキア) ====
* 最もゲノムサイズが小さな古細菌  → "[[ナノアーケウム・エクイタンス|''Nanoarchaeum equitans'']]" (491 kbp)※ただし''I. hospitalis''の共生体。
* 最もゲノムサイズが小さな独立生物 → [[メタノテルムス属|''Methanothermus fervidus'']] 、(1.2 Mbp)。
* 最も高い温度で生育が可能な生物(122{{℃}}、400気圧) → [[メタノピュルス・カンドレリ|''Methanopyrus kandleri'']] 116株 。<ref>{{cite journal | author = Takai K, Nakamura K, Toki T, Tsunogai U, Miyazaki M, Miyazaki J, Hirayama H, Nakagawa S, Nunoura T, Horikoshi K | title = Cell proliferation at 122°C and isotopically heavy CH4 production by a hyperthermophilic methanogen under high-pressure cultivation | journal = Proc Natl Acad Sci U S A | year = 2008 | volume = 105 | issue = | pages = 10949-54}} {{DOI|10.1073/pnas.0712334105}}</ref>
* 最も高い温度で生育が可能な[[偏性好気性生物]] → [[アエロピュルム・ペルニクス|''Aeropyrum pernix'']] (100℃)。
* 最も低い温度で生育が可能な古細菌 → ''Methanogenium frigidum'' (0℃)。
* 最も低いpHで生育が可能な生物  → [[ピクロフィルス属|''Picrophilus oshimae'']] (pH -0.06)。
* 最も高いpHで生育が可能な古細菌 → ''Natronobacterium gregoryi'' (pH12)。
* 最も高い[[塩化ナトリウム|NaCl]]濃度で生育が可能な生物 → ''Halobacterium salinarum'' (飽和NaCl溶液)。
 
=== ウイルス・ウイロイド ===
* 世界一長いウイルス → [[カンキツトリステザウイルス]] (Citrus Tristeza Virus; CTV) 、直径11 nm、長さ2,000nm。
* 最も大きなウイルス(直径400 nm、ゲノムサイズ1,200 [[kbp]]) → [[ミミウイルス]]
* 最も小さな遺伝情報を持つ[[ウイロイド]] → イネ黄斑ウイルスに関連する無名のウイロイド (220 b)。
 
== 脚注 ==
;注
<references group="注"/>
 
;出典
{{reflist}}
 
36,732

回編集