「アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン」の版間の差分

編集の要約なし
[[1618年]]にボヘミアの[[プロテスタント]]が反乱を起こし、[[プファルツ選帝侯領|プファルツ]][[ライン宮中伯|選帝侯]][[フリードリヒ5世 (プファルツ選帝侯)|フリードリヒ5世]]をボヘミア王に選出すると、反乱政府の金庫を奪って抵抗、[[神聖ローマ皇帝]][[フェルディナント2世 (神聖ローマ皇帝)|フェルディナント2世]]に味方して反乱鎮圧に貢献、[[1620年]]に反乱鎮圧に伴うプロテスタントの領土没収及び売買に加わり土地を買い漁り、ボヘミアでも有数の大貴族にのし上がった。また、[[1620年]]から[[1623年]]にかけて軍資金不足の皇帝に資金融資及び私兵を提供、同年に北ボヘミアの[[フリートラント]]侯に任じられ、フェルディナント2世の側近[[カール・フォン・ハラハ]]の娘エリーザベトと結婚して宮廷に足掛かりを築き、[[1625年]]に自前の軍勢徴募を申し出て許可され、皇帝軍総司令官に任命された<ref>菊池、P83 - P85、ウェッジウッド、P180 - P184。</ref>。
 
そうして3万の軍を集めて北ドイツへ出兵、先に皇帝の命令で出陣していた将軍[[ティリー伯ヨハン・セルクラエス|ティリー伯]]と合流して[[デンマーク]]王[[クリスチャン4世 (デンマーク王)|クリスチャン4世]]、[[エルンスト・フォン・マンスフェルト]]、[[クリスティアン・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル]]などのプロテスタント諸侯を討伐することを決めて北上した。このうちクリスティアンは急死してマンスフェルトがヴァレンシュタインの駐屯地に現れ襲撃したが、ヴァレンシュタインは迎撃してマンスフェルト軍を撃破({{仮リンク|デッサウの戦い|de|Schlacht bei Dessau|en|Battle of Dessau Bridge}})、ティリーもクリスチャン4世に勝利([[ルッターの戦い]])してプロテスタント軍は全て掃討され、勢いに乗ってメクレンブルク、[[ユトランド半島]]に進出、クリスチャン4世は海上へ逃れた。[[1628年]]にはフェルディナント2世により[[メクレンブルク=シュヴェリーン]]公[[{{仮リンク|アドルフ・フリードリヒ1世 (メクレンブルク公)|de|Adolf_Friedrich_I._(Mecklenburg)|en|Adolf Frederick I, Duke of Mecklenburg|label=アドルフ・フリードリヒ1世]]}}と弟のメクレンブルク=ギュストロー公[[{{仮リンク|ヨハン・アルブレヒト2世 (メクレンブルク公)|de|Johann Albrecht II. (Mecklenburg)|en|John Albert II, Duke of Mecklenburg|label=ヨハン・アルブレヒト2世]]}}が廃位され、代わりに功績を認められメクレンブルク公に叙爵された。
 
だが、その間に免奪税などの軍税制度を創出して占領地から取り立て、これが批判される一方、他の軍の略奪行為との兼ね合いから波紋を広げる。特に[[ブランデンブルク辺境伯|ブランデンブルク]][[ブランデンブルク統治者の一覧|選帝侯]][[ゲオルク・ヴィルヘルム (ブランデンブルク選帝侯)|ゲオルク・ヴィルヘルム]]はデンマーク戦争でヴァレンシュタインに何度も多額の金を支払い不満が高まっていたため、フェルディナント2世に対してヴァレンシュタインへの抗議を繰り返していった。また、ボヘミアの小貴族に過ぎないヴァレンシュタインが一気に帝国諸侯に成り上がったことも旧来の帝国諸侯たちの反感を買い、ヴァレンシュタイン及び皇帝政府は徐々に孤立していった。
* [http://www.valdstejn.org/en/default.aspx An Exhibition at Prague, Czech Republic, Europe - Dedicated to Albrecht von Wallenstein]
 
{{先代次代|[[メクレンブルクの統治者一覧|メクレンブルク公]]|1628年 - 1631年|[[{{仮リンク|アドルフ・フリードリヒ1世 (メクレンブルク公)|de|Adolf_Friedrich_I._(Mecklenburg)|en|Adolf Frederick I, Duke of Mecklenburg|label=アドルフ・フリードリヒ1世]]}}<br />[[{{仮リンク|ヨハン・アルブレヒト2世 (メクレンブルク公)|de|Johann Albrecht II. (Mecklenburg)|en|John Albert II, Duke of Mecklenburg|label=ヨハン・アルブレヒト2世]]}}|アドルフ・フリードリヒ1世<br />ヨハン・アルブレヒト2世}}
 
{{DEFAULTSORT:うあれんしゆたいんあるふれひとふおん}}
匿名利用者