「2011年問題 (日本のテレビジョン放送)」の版間の差分

m
リンク切れ
m (ページの改名に伴う編集)
m (リンク切れ)
[[シャープ]]は、地デジ黎明期に地上デジタルチューナーを搭載していないBS・110度CSデジタルチューナー搭載AQUOS専用の地デジユニットを販売していた。当時最低限の追加費用で地デジチューナー搭載AQUOSと同等の利便性を得られるのが大きな利点であった。
 
地上デジタルチューナー非搭載機器の多くは標準画質だが、初期に流通していた地上デジタル対応の単体チューナー、DVDレコーダー、CATVセットトップボックスはこの継続使用に特化したものはなく、ハイビジョン画質だが地デジチューナーを搭載していないアナログハイビジョンテレビなどへの接続が考慮されていたために[[過剰性能]]であり、その分高価な物ばかりだった。[[総務省]]の情報通信審議会は、電機メーカーに対し5,000円前後の特化した単体チューナーの発売を求める答申を出す方向で動いた<ref>[http://web.archive.org/20080302043844/www.yomiuri.co.jp/net/news/20070802nt03.htm 総務省審議会『アナログTV用安価チューナーを』] - YOMIURI ONLINE、[[2007年]][[8月2日]]。{{リンク切れ|date=2012年12月}}</ref>。その後、[[2009年]]9月に5,000円を下回る価格の単体チューナーが発売される様になった<ref>[http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200909050022a.nwc イオン、4980円地デジチューナー 需要に応え“国内差安値”投入] - フジサンケイビジネスアイ、[[2009年]][[9月5日]]。{{リンク切れ|date=2012年12月}}</ref><ref>[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0909/17/news111.html 西友が4750円の地デジチューナー発売 イオンより安価に] - ITmedia、2009年[[9月17日]]。</ref><!--2009年に地上アナログ放送停波のアメリカでは[[LG電子]]が既に開発をしていて[[Consumer Electronics Show|CES]]2007に出展された<ref>[http://it.nikkei.co.jp/expo/special/ces2007.aspx?n=MMIT0p000012012007 アナログ停波に向け最も必要なものは何?・LG電子ブース]</ref>/-->。
=== 地上デジタルチューナー非搭載テレビ ===
地上デジタルチューナー搭載の各種機器(地デジ対応レコーダーその他)であって、チューナーからの映像・音声出力端子を持つ物があれば、そこから映像・音声コードを介して接続する事で継続使用が可能である。
*[[7月4日]] - この日の17時59分から1分間、初の『[[全国一斉地デジ化テスト]]』を[[放送大学学園]]を除くすべての地上波放送局で同時放送。以降定期的に実施。
*7月5日
**【第3ステップ】放送大学学園を除く全局がアナログ放送の全番組<ref group="注">NHKの4:3製作番組と14:9サイズの放送を継続する[[大河ドラマ]]、民放におけるCMやテレビショッピング、4:3製作された放送局に著作権のない外部制作番組、独立UHF局における再放送番組を除く。</ref>をレターボックス放送に変更<ref>[http://web.archive.org/20100425071714/mainichi.jp/select/today/news/20100423k0000m020058000c.html 地デジ:アナログ放送の画面上下が黒い帯に 7月5日から] - 毎日jp、2010年4月22日。{{リンク切れ|date=2012年12月}}</ref>。
*[[7月24日]]
**【第3ステップ】放送大学学園がアナログ放送の全番組をレターボックス放送に変更。
|title=地上デジタル放送:石川・珠洲で一足先にアナログ停止
|publisher=毎日jp
|accessdate=2010-07-24|archiveurl=https://archive.is/GY7kq|archivedate=2013-05-01}}{{リンク切れ|date=2012年12月}}</ref>。
*[[9月6日]] - {{要出典範囲|date=2011年8月|【第4ステップ】[[広域放送|関東広域圏]](MXを除く)・[[山梨県]]・[[広域放送|中京広域圏]]・[[広域放送|近畿広域圏]](TVOを除く)の民放局において終了告知テロップの常時表示を先行開始}}
*[[9月13日]] - 【第4ステップ】[[大分県]]・[[沖縄県]]の民放局において終了告知テロップの常時表示を先行開始。
*2008年[[11月27日]]、「日本再建のため行革を推進する700人委員」<ref>[http://homepage2.nifty.com/700/index.htm 日本再建のため行革を推進する700人委員]</ref>の研究会で地デジへの移行に際して「[[アンテナ]]の改修が必要な場合があることの説明が足りないのではないか」など説明不足を指摘する意見が出た<ref>読売新聞、2008年11月28日 13S版 2面記事。</ref>。
*アナログ放送終了1年前の2010年7月24日には、「地デジ化大作戦」というイベントが[[東京都]][[千代田区]]を始めとする全国で開催された(このイベントは2010年7月9日に発表された)。
*当初、NHKと民放は総務省の方針により2011年[[6月30日]]をもってアナログ放送における通常番組を停止し、7月1日以降は通常番組をすべてデジタル放送となる予定であった。しかし[[日本民間放送連盟]](民放連)がこの方針に反発したため、民放各局はアナログ放送は移行期間を設けずに7月24日の停波まで通常番組を放送する方針を固めた。但しデジタル放送完全移行後はアナログ放送対応テレビでは[[スノーノイズ]](砂嵐)しか映らなくなるため、このイメージを2011年1月中にも地上アナログ放送終了告知番組で繰り返し流し始め混乱を防ぐ対策を取ったほか、東日本大震災による中断期間があったものの告知番組の枠も徐々に拡大し周知を図った。民放連はアナログテレビ放送本編の終了時期を明確にしていないNHKにも同調を求めていった結果、2011年[[1月19日]]にはNHKも停波まで通常番組を放送する方針を固めた。但し、通常の放送画面に停波を知らせる字幕をかぶせた形で放送を行うとしていた(画面の上下の余白に表示されている停波のお知らせも継続して表示)<ref>[http://web.archive.org/20100616041253/www.yomiuri.co.jp/net/news/20100614-OYT8T00372.htm アナログ放送、来年6月停止] - 読売新聞、2010年[[6月14日]]。{{リンク切れ|date=2012年12月}}</ref><ref>2011年1月3日付、読売新聞 朝刊2面</ref><ref>{{Cite news |title=7月1日から画面にアナログ停波告知 NHK、人物や文字にかぶせ |newspaper=産経新聞 |date=2011-01-20 |url=http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110120/ent11012001370012-n1.htm |accessdate=2011-01-21}}{{リンク切れ|date=2012年12月}}</ref>。
*2011年1月以降は地デジ完全移行に向けての予行演習として「アナログテレビ放送の一時停波を都道府県単位で行う」方針が総務省より発表された。1月末は地デジ受信機の世帯普及率が全国最下位の[[沖縄県]]において、在覇民放テレビ3局(RBC・OTV・QAB)が在宅高齢者の視聴割合が高い昼間の1時間程度アナログ放送における通常番組を一定時間停波。デジタル画面では通常番組を放送し、アナログ画面では「砂嵐」映像や居住都道府県のデジサポ電話番号を表示した画面を流して地デジへの早期移行を促した。この実験は当初は全国一斉に行われる予定だったが、番組編成が局及び系列毎に異なり実施時間の調整が難しい事から、都道府県単位や中継局単位による実施に改める形で全国のNHK及び民放TV各局に対し「地デジ完全移行に向けた予行演習(リハーサル)の実施」を求めていく方針であった<ref>{{Cite news |title=アナログ放送、沖縄全県で停波実験 1月末に民放3局 |newspaper=朝日新聞 |date=2011-01-24 |url=http://www.asahi.com/national/update/0123/TKY201101230325.html |accessdate=2011-01-24|archiveurl=http://web.archive.org/20110129015611/www.asahi.com/national/update/0123/TKY201101230325.html|archivedate=2011-01-29|deadlinkdate=2013-11-01}}{{リンク切れ|date=2012年12月}}</ref>。
*最終的にNHKと民放連はそれぞれ7月1日付けの放送開始から24日正午までは通常放送の画面の上にじゅうたん(透かし)を入れる形でアナログ放送の終了告知のテロップ(「アナログ放送終了まであと○日」など)を入れ、同日午後から25日0時の完全停波までは放送電波の送出を完全停止させてブルーバックの画像だけを表示した<ref>[http://www.nhk.or.jp/pr/marukaji/pdf_ver/293.pdf NHKリリース]</ref>。被災3県ではじゅうたん表示を2012年3月12日に始めて、3月31日正午にアナログ放送での通常放送を終了し、[[4月1日|1日]]の0時までに完全[[停波]]され、日本全国で完全デジタル化が完了した。
[[2011年]][[3月11日]]に発生した[[東日本大震災]]([[東北地方太平洋沖地震]])による被害に伴い、同年4月、[[総務省]]で被災3県(岩手・宮城・福島)での地上アナログ廃止を延期する方向で調整し<ref>[http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011040802000186.html 東北3県、地デジ延期へ 総務省調整] - 東京新聞、2011年4月8日。{{リンク切れ|date=2012年12月}}</ref><ref>[http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110408-OYT1T00505.htm 岩手・宮城・福島、被災3県の地デジ化延期へ] - 読売新聞、2011年4月8日。</ref>同年[[4月20日]]に正式に発表され、後に岩手・宮城・福島における地上アナログテレビ放送終了期日は「2012年3月31日」とする事が正式決定された。
 
被災地に存在するテレビ・ラジオの放送設備では[[親局]]はすべて稼動しているが一部の[[中継局]]が被災しており、テレビ中継局63箇所(茨城23、宮城20、岩手16、山形2、福島2)とラジオ中継局2箇所(福島2)が停波中(同年3月15日10時現在)と総務省より同年[[3月15日]]に公表された<ref>{{Cite news|url=http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110316ddm008040108000c.html|title=東日本大震災:テレビ停波63カ所 中継局被災、ラジオも2カ所|author=乾達|newspaper=毎日新聞 東京朝刊|publisher=毎日新聞社|date=2011-03-16|accessdate=2011-03-16|archiveurl=https://archive.is/9QsA|archivedate=2012-07-13}}{{リンク切れ|date=2012年12月}}</ref>。また震災によって地上デジタルテレビ放送の普及活動が停止している他、被災地域では難受信地域の共同アンテナの損壊や流失が起きており、これに伴う措置として総務省は7月24日に予定されていた地デジへの全面移行を岩手・宮城・福島の3県については半年から1年延期する方向で調整を開始<ref>{{Cite news|url=http://www.sankeibiz.jp/business/news/110408/bsj1104081116002-n1.htm|title=【東日本大震災】東北3県の地デジ延期へ 総務省、震災影響を考慮|publisher=フジサンケイビジネスアイ|date=2011-04-08|accessdate=2011-04-08}}{{リンク切れ|date=2012年12月}}</ref>、前述3県や関東地方、長野県で被災しデジタル・アナログ共に視聴できなくなった世帯や施設に対しては[[日本における衛星放送#地デジ難視対策衛星放送|地デジ難視対策衛星放送]]を見られる様にした<ref>{{Cite news|url=http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110408k0000m040118000c.html|title=東日本大震災:被災地は衛星放送で地デジ視聴可能に|publisher=毎日新聞社|date=2011-04-07|accessdate=2011-04-07|archiveurl=https://archive.is/0px0|archivedate=2012-07-14}}{{リンク切れ|date=2012年12月}}</ref>。
 
== リパック問題 ==
4,140

回編集