「たて座」の版間の差分

出典を追加、記事を修正。
m (→‎星団・星雲・銀河: 改名後処理)
(出典を追加、記事を修正。)
{{出典の明記|date=2013年5月|ソートキー=星}}
{{Infobox Constellation
|janame = たて座
}}
 
'''たて座'''(盾座、Scutum)は、[[星座]]の1つ。[[ヨハネス・ヘヴェリウス]]によって1690年に設定された
 
ポーランド王で英雄の[[ヤン3世 (ポーランド王)|ヤン三世ソビエスキ]]の楯とされ、Scutum Sobieski、Scutum Sobiescianumと呼ばれていた時代もある。[[ジョン・フラムスティード]]以降は単にScutumと呼ばれた。
 
== 主な天体 ==
* [[M11 (天体)|M11]] (NGC 6705):[[散開星団]]。散開星団の中では密集した天体。距離6000光年。約2900の星からなる。英語ではこの星団をカモに見立て、the Wild Duck Cluster と呼ぶ。
* [[M26 (天体)|M26]] (NGC 6694):散開星団。距離5000光年。
 
== 由来と歴史 ==
[[1684年]]に「ソビエスキのたて座」 ''Scutum Sobiescianum'' として[[ヨハネス・ヘヴェリウス]]が制定した<ref name="ridpath"/>。これは、[[1679年]]に焼失したヘヴェリウスの観測施設の再建に協力したポーランド王[[ヤン3世 (ポーランド王)|ヤン三世ソビエスキ]]を記念したものである<ref name="ridpath"/>。
 
 
== 出典 ==
<references>
<ref name="ridpath">{{Cite web
|author=Ian Ridpath
|title=Star Tales - Lacerta
|url=http://www.ianridpath.com/startales/lacerta.htm
|accessdate=2014-01-28}}
</ref>
</references>
 
{{Commonscat|Scutum}}