「安威川」の版間の差分

編集の要約なし
行政上の[[一級河川]]としては、[[高槻市]]を流れる[[二料谷川]]を含む。
 
茨木市の山間部を流れる上流は、奇石や滝などがつながる風光明媚な場所で、[[竜仙峡 (茨木市)|竜仙峡]]と呼ばれる。[[東海自然歩道]]などが整備され、夏などは釣りやハイキング、キャンプでにぎわう。秋の紅葉もみごとである。安威川の滝には、「[[竜仙の滝|龍仙の滝]]」がある。また、高槻市の[[芥川 (大阪府)|芥川]]上流の[[摂津峡]]も阿武山を越えたすぐ近くにあり、あわせてハイキングすることが多い。
 
[[大阪府]]は、安威川上流の[[茨木市]]生保(しょうぼ)に治水と水道用水を目的として「[[安威川ダム]]」を建設中である。
== 流域 ==
[[Image:Confluence_of_the_River_kannzaki_and_River_ai.JPG|thumb|Right|安威川と[[神崎川]]の合流点。左が安威川、右が神崎川で、手前に流れていく。高浜橋上から撮影]]
亀岡市の源流から南下して、すぐに茨木市に入り、茨木市を北から南に縦断する。茨木市内には、川の名前の元になった[[安威村|安威]](藍)という地名がある。
 
茨木市の南、摂津市に入る頃、安威川の流れは、南西向きに変わる。摂津市内からは南側に番田井路が平行して流れる。元々はこちらの番田井路が安威川の本流であって、現在の安威川の流れの方が支流だった。元々の本流であった番田井路には、神崎川からの逆流を防止する番田堰が現在も設置されている。安威川本流は、吹田市南端と大阪市東淀川区の間を縫うように南西きに進み、淀川から分流してくる神崎川に合流する。合流地点では、川の大きさ、流れの量から安威川に神崎川が流れ込んでいるように見える。
 
; 京都府
 
== 橋梁 ==
''下流より記載''
* 高浜橋 安威川、神崎川の合流点近くの吊り橋[[Image:Takahama Bridge.JPG|thumb|none|高浜橋。橋の向こうが安威川、神崎川の合流点。橋の左岸に[[大幸薬品]]本社ビルが見える]]