「インベストメント鋳造」の版間の差分

m
m (+{{出典の明記}})
{{出典の明記|date=2013年11月}}
'''インベストメント鋳造'''(インベストメントちゅうぞう、{{Lang-en|investment casting}})とは、[[鋳造]]方法のひとつで、複雑な形状の製品を簡易に製造できる手法として用いられる。別名、'''[[ロストワックス]]|ロストワックス鋳造]]''' ({{Lang|en|Lost(lost wax casting}})casting)とも呼ばれる
 
まず鋳造する製品と同じ形状の原型を、ワックス([[蝋]])で製作する。この原型にはあらかじめ湯口の部分を作っておく。次に原型の周囲を[[磁器]]等で焼き固めて[[鋳型]]を造る。このとき原型のワックスは熱で融け出して消失する。こうして完成した鋳型へ溶融金属を流し込み、冷えた時点で鋳型を破壊すると[[鋳物]]が残り完成となる。
 
<gallery>
File:Lost Wax-Model of apple in wax.jpg|1.
File:Lost Wax-Model of apple in plaster.jpg|2.
File:Lost Wax-Model of apple in paraffine.jpg|3.
File:Lost Wax-Moldmaking of an apple.jpg|4.
File:Lost Wax-Apple in bronze.jpg|5.
</gallery>
 
== 特徴 ==
== 関連項目 ==
{{Commonscat|Investment casting}}
* [[ロストワックス|ロストワックス鋳造]]
* [[鋳造]]