「載記」の版間の差分

m
{{仮リンク|呉越春秋|zh|吴越春秋|wuu|吴越春秋}}
m ({{仮リンク|呉越春秋|zh|吴越春秋|wuu|吴越春秋}})
 
== 概要 ==
また『[[晋書]]』には、[[五胡十六国]]の事柄を記録した部分に対して、「載記」の名称を用いている。[[清]]朝の『[[四庫全書]]』には、『史部・載記類』の分類を設け、『[[{{仮リンク|呉越春秋]]|zh|吴越春秋|wuu|吴越春秋}} 』以下の各地に割拠した地方勢力に関する歴史書を収録している。
 
清朝の[[趙翼]]は『[[二十二史箚記]]』の中で、「晋書は僣僞諸国に於て数代に相伝する者を、世家と曰わずして'''載記'''と曰う」と述べている。帝位あるいは王位を僣称したものが『載記』に収録されており、正統な手段に則って位に就いたものは「世家」に収められるということを示している。
1,247

回編集