メインメニューを開く

差分

名称についての項追加、その他食用に適さないことなど
|英名 = cake urchins, [[w:sea biscuit (echinoderm)|sea biscuit]]
}}
'''タコノマクラ'''(蛸の枕、海燕<ref>松村明・池上秋彦・金田弘・杉崎一雄・鈴木丹士郎・中嶋尚・林巨樹・飛田良文・曽根脩、n. d.、「蛸の枕」『デジタル大辞泉』小学館、(2013年6月17日取得、http://kotobank.jp/word/%E8%9B%B8%E3%81%AE%E6%9E%95 )。</ref>、[[学名]]:{{Snamei|Clypeaster japonicus}})は、[[タコノマクラ目]][[タコノマクラ科]]に属する[[ウニ]]の一種。殼径は約10cm、丸味を帯びた五角形をしており、縦にわずかに長い。周辺部の厚みは薄く、中心部がせり上がった山型。上面には殼径の半分ほどの長さの[[歩帯]]の花びら模様があり、先端が開いている。肉が少なく食用には適さない<ref>[http://www.tbs.co.jp/doubutsu/sakanakun_06_01.html さかなクン的 お魚グッズ [5] タコノマクラ]より 2014/02/01閲覧</ref>
 
==名称について==
 
[[画像:Kintsuba,katori-city,japan.JPG|thumb|right|200px|旧名の由来となった「きんつば」]]
 
旧来タコノマクラは、[[ヒトデ]]や[[クモヒトデ]]・[[カシパン]]などを指す名称として使われている一方、本種を指す名称としては使われている事例は確認されていない。
 
[[江戸時代]]頃はその[[菓子]]のような形状から「饅頭介」「[[きんつば]]」などと呼ばれた。
 
本種をタコノマクラと称す初出は[[1883年]]に出版された『普通動物学』([[丹波敬三]]・[[柴田承桂]]著)である。その後、[[1890年]]に出版された『[中等教育]動物学教科書』([[飯島魁]]著)にも掲載された。この本は動物学の第一人者による著書として広く読まれたため、「タコノマクラ」という名称も定着したのではと、磯野直秀は推測している。
 
なお「タコノマクラ」には「海燕」という漢名もあるが、こちらも[[ヒトデ]]類などとの混同が見られる。[[本草綱目]]に「海燕」という綱目があるが<ref>{{wikisourcelang-inline|zh|本草綱目/介之二#海燕}}</ref>、こちらの記述が曖昧で、日本に生息する種との比定に混乱が発生した事が混同の原因と見られている。
 
== 脚注 ==
 
== 参考文献 ==
* [[内海富士夫]]、1956、『原色日本海岸動物図鑑』保育社。
* [[小林安雅]][[こばやしまさこ]]、2011、『磯の生き物図鑑』主婦の友社、ISBN 9784072777763、123頁目。
* {{citation | last = Döderlein | first = Ludwig | year = 1885 | title = Seeigel von Japan und den Liu-Kiu-Inseln | page = 100}}.
*[[磯野直秀]] [http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php/AN10079809-20060000-0053.pdf?file_id=10493  「慶應義塾大学日吉・紀要 自然科学」『タコノマクラ考 ウニやヒトデの古名』] [[2006年]] ※「名称について」の項の記載全般は本論文に基づいて作成した。
 
== 関連項目 ==
6,588

回編集