「ピアノのための7つのフーガ」の版間の差分

編集の要約なし
{{Portal クラシック音楽}}
 
'''ピアノのための7つのフーガ'''は、[[エドヴァルド・グリーグ]]が作曲した最初期の[[ピアノ曲]]。
 
== 概要 ==
グリーグは[[フェリックス・メンデルスゾーン音楽演劇大学|ライプツィヒ音楽院]]で学んだが、そうなるけを作ったのは、[[ベルゲン]]出身の作曲家で[[ヴァイオリニスト]]だった[[オーレ・ブル]]であった。[[1858年]]の[[]]、グリーグ家に訪問していたブルは、グリーグのピアノ演奏を聴いて、ライプツィヒ音楽院に[[留学]]させるよう両親説得し、ようやく10月6日にグリーグは音楽院に入学した。入学後はピアノをルイ・プレディ、継いでE.F.ヴェンツェル、さらに[[イグナーツ・モシェレス|モシェレス]]に、[[和声法]][[対位法]]をE.F.リヒター、R.パッペリツ、M.ハウプトマンらに師事し、音楽院最後の年である[[1862年]]には[[カール・ライネッケ|ライネッケ]]に[[作曲]]の指導を受けた。
 
この7つのフーガは、[[1861年]]から翌年にかけて書かれたと思われ、おそらく対位法の勉強として書かれたと伝えられる。手稿譜が近年になって発見されたことから、グリーグの作品表にはほとんど載っていない作品である。
 
== 構成 ==
7つの[[フーガ]]からなっている。演奏時間は約11分。
 
*第1曲 2声のフーガ ハ短調
*第2曲 2声のフーガ ハ長調
*第7曲 二重フーガ ト短調
 
{{DEFAULTSORT:ななつのふか}}
[[Category:グリーグのピアノ独奏曲]]
[[Category:グリーグの楽曲]]
[[Category:フーガ]]
匿名利用者