「マグダレーナ・フォン・ブランデンブルク (1582-1616)」の版間の差分

m
リンク修正
m (ボット: 言語間リンク 7 件をウィキデータ上の (d:Q290616 に転記))
m (リンク修正)
ブランデンブルク選帝侯[[ヨハン・ゲオルク (ブランデンブルク選帝侯)|ヨハン・ゲオルク]]とその3番目の妻で[[アンハルト公国|アンハルト]]侯[[ヨアヒム・エルンスト (アンハルト侯)|ヨアヒム・エルンスト]]の娘である[[エリーザベト・フォン・アンハルト (1563-1607)|エリーザベト]]の間の第2子、長女として生まれた。1588年にルートヴィヒ5世と婚約し、翌1598年6月5日に結婚した。ただし同年の年明けに父が亡くなっていたため、婚礼は地味なものとなった<ref>Samuel Buchholtz: ''Versuch einer Geschichte der Churmarck Brandenburg von der ersten Erscheinung der deutschen Sennonen an bis auf jezige Zeiten'', Band 3-4, F. W. Birnstiel, 1767, S. 489</ref>。
 
1616年、[[ナウムブルク]]での諸侯の集いに出席した直後に34歳の若さで死去した。夫のルートヴィヒは愛妻の死に衝撃を受け、1618年から1619年にかけて[[ローマ]]巡礼に赴いたが、領民たちからは[[カトリック教会|カトリック]]に宗旨替えする気ではないかと疑われた。マグダレーナはヘッセン邦立図書館(現在は[[ヘッセン州立図書館]])に数多くの神学書・歴史書のコレクションを遺贈した<ref>''Archiv für hessische Geschichte und Altertumskunde'', Historischer Verein für Hessen, 1867, S. 522 ([http://books.google.com/books?id=uVsAAAAAcAAJ&pg=PA522 Digitalisat])</ref>。
 
== 子女 ==
3,691

回編集