「景公 (斉)」の版間の差分

編集の要約なし
|説明 =
|王朝 =斉
|在位期間 =[[紀元前548547年|前548547年]] - [[紀元前490年|前490年]]
|都城 =
|諱 =姜杵臼
兄の荘公が[[横死]]したあと、[[崔杼]]に擁立されて斉公となる。崔杼の死後は[[晏嬰]]を宰相として据え、軍事面では晏嬰の推薦により[[司馬穰苴]]を抜擢した。斉は景公のもとで覇者[[桓公 (斉)|桓公]]の時代に次ぐ第2の栄華期を迎え、[[孔子]]も斉での仕官を望んだほどである。しかし、これらの斉の繁栄は晏嬰の手腕によるもので、景公自身は贅沢を好んだ暗君として史書に描かれる場合が多い。
 
{{姜斉の君主|第26代|前548547年 - 前490年}}
 
{{DEFAULTSORT:けいこう}}
6,244

回編集