「江戸むらさき」の版間の差分

編集の要約なし
 
== CM ==
戦後[[喜劇俳優]][[三木のり平]]自筆の似顔絵を使った新聞広告が話題となり、1958年からその似顔絵をモチーフとした[[キャラクター]]による、[[アニメ]]のテレビ[[コマーシャル|CM]]で知られる。三木の没後は[[ナレーター]]を長男の[[小林のり一]]が引き継いだ。また、[[TBSラジオ&コミュニケーションズ|TBSラジオ]]他で[[1968年]]から2013年現在も続いているまで放送された桃屋[[一社提供]]のラジオ番組『[[永六輔の誰かとどこかで]]』ではエンディングで桃屋の[[永六輔]]と[[遠藤泰子]]による桃屋のCMを流した後、遠藤が「'''この番組は、何はなくとも江戸むらさき、花らっきょうでおなじみの桃屋がお送りいたしました'''。」のスポンサー読みで締める。
 
== ラインナップ ==
=== 過去に発売されていた製品 ===
* 幼なじみ - 1969年発売。子供向けに甘めになっていた。シリーズで唯一、のり平キャラクターがラベルに描かれていた。
* 石狩 - [[クマ|熊]]に扮したのり平がラベルに描かれていた。
* お父さんがんばって! - 減塩減糖。「ごはんですよ!」と共に一時期は基幹製品だった。
* オ!イCです(おいしいです)
匿名利用者