「大名」の版間の差分

編集の要約なし
'''大名'''(だいみょう)は、大[[名主]]より転じた語。大いに名の轟く者のことを指す。[[対義語]]は[[小名]]である。もともと[[地方]]で勢力をふるう者のことを言った。そのうち、[[武家]]社会において、多くの所領や部下を所有する[[武士]]を意味する語となった。
 
[[室町時代]]には[[守護|守護職]]が領国支配を強め、[[守護大名]]となった。[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]には、さらに強固な領国支配を確立した[[大身]]領主が現れ、大名分の[[国人]]や[[戦国大名]]と呼ばれている。[[江戸時代]]には主に[[石高]]1万石以上の所領を[[江戸幕府|幕府]]から禄として与えられた武家'''[[藩主]]'''を指す言葉となった。1万石未満の武士のうち幕府直属の武士を直参という。なお、大名はその封建領主と性格が中国の諸侯と性格を共有することから、[[諸侯]]に準えて'''大名諸侯'''とも称された。
 
本項では、主に江戸時代の'''近世大名'''について詳述する。
匿名利用者