「セーラー服反逆同盟」の版間の差分

== エピソード ==
*当初は1クールのみの放映予定であったが、予想外の好視聴率により2クールに延長された。また、これまで同枠は[[ロート製薬]]単独提供で放送されていたが、これ以後ロート社を含む複数スポンサーが付くことになった(スポンサー読みは全て30秒だったので「ご覧のスポンサー」の扱いだった)。
*当時既に人気アイドルだった中山美穂は、このドラマと、同時期に撮影および放送が始まった主演の青春ドラマ『[[な・ま・い・き盛り]]』([[フジテレビジョン|フジテレビ]])とを掛け持ちしていた。『な・ま・い・き盛り』のほうにウェイトを置いていた中山は『セーラー服反逆同盟』への出演場面は少なく、「薔薇を投げるシーン([[バンクシステム|バンク]])」のみの回やスケジュールの過密化で出演していない回も存在した。中山と仙道敦子のW主演が売り文句だったが、実質仙道がメインとなっていた。これは中山が当時多く演じていたスケバン役に辟易していたのも手伝っていた。
*中山と仙道はその後、[[TBSテレビ|TBS]]のドラマ『卒業』(1990年放送)でもどちらも主演格で共演した。
*この枠(月曜夜7時半)でドラマが放送されたのは、[[1964年]][[6月]] - [[8月]]に放送された[[讀賣テレビ放送|YTV]]制作の海外ドラマ『[[ブラボー火星人]]』以来22年振り。国産ドラマとしては、[[1960年]][[2月]] - [[5月]]放送の『[[鉄人28号|鉄人28号(ドラマ版)]]』以来、26年ぶりのことだった。
匿名利用者