「エクマン境界層」の版間の差分

編集の要約なし
二次元回転平面流体において、圧力傾度力、コリオリ力、渦粘性が釣り合っている状況を考える。すなわち。平面流れ(''u'' , ''v'' ) が次の微分方程式系に従うと考える。
 
:<math>
\begin{align}
-fv &= -\frac{1}{\rho_o} \frac{\part p}{\part x}+K_z \frac{\part^2 u}{\part z^2}, \\
7

回編集