「関東郡代」の版間の差分

編集の要約なし
陣屋ははじめ[[武蔵国]]小室(現[[埼玉県]][[北足立郡]][[伊奈町]])の[[小室陣屋]]。のち[[1629年]]([[寛永]]6年)に同国赤山(現[[埼玉県]][[川口市]])の[[赤山陣屋]]へと移された。さらに[[武蔵国]]小菅(現[[東京都]][[葛飾区]][[小菅]])にも陣屋があり、家臣の代官を配置していた。
 
[[徳川家康]]の関東入府の際に[[伊奈忠次]]を関東の[[代官頭]]に任じたことに始まり、その後12代200年間に渡って[[伊奈氏]]が関東代官の地位を世襲した。1692年(元禄5年)[[飛騨高山藩]]領地が[[天領]]となった際には6代[[伊奈忠篤|忠篤]]が[[飛騨郡代]]も一時的に兼務した。また、享保7代[[伊奈忠順|忠順]]が[[富士山]]の[[宝永大噴火]]の際に飢民を救うために幕府の米蔵を開けた事で切腹を命じられたが、後[[伊奈神社]]([[静岡県]][[小山町]][[須走]])祀られ、[[新田次郎]]鷹場支配と公金貸付中心主人公とした「掛御用向」の地位に就小説『怒る富士』を執筆して
 
本来、関東代官は[[勘定奉行]]の支配下にあったが、[[1733年]]([[享保]]18年)88代[[伊奈忠逵|忠逵]]の代の享保年間には鷹場支配と公金貸付を中心とした「掛御用向」の地位に就き、[[1733年]](享保18年)には[[勘定吟味役]]を兼任しており、関東代官は[[老中]]の直属支配下に入ることになる。更に12代[[伊奈忠尊|忠尊]]の[[1785年]]([[天明]]5年)には奥向御用兼帯となり、その2年後には小姓組番頭格となるなど、他の郡代・代官とは別格の地位を築いた。伊奈氏の「関東郡代」自称もこうした特殊な地位が背景にあったと考えられている。ところが、直後に伊奈氏の当主の地位を巡る[[御家騒動]]が発生、讒言によって[[1792年]]([[寛政]]4年)3月に伊奈忠尊は関東代官を罷免、[[改易]]されてしまった。
 
=== 寛政-文化期の「関東郡代」 ===
匿名利用者