「種子島時次」の版間の差分

編集の要約なし
'''種子島 時次'''(たねがしま ときつぐ、[[弘治 (日本)|弘治]]2年[[9月11日 (旧暦)|9月11日]]([[1556年]][[10月14日]]) - [[永禄]]5年[[10月1日 (旧暦)|10月1日]]([[1562年]][[10月28日]]))は、[[戦国時代_(日本)|戦国時代]]の[[武将]]。[[島津氏]]の家臣。[[種子島氏]]15代当主。[[種子島時尭]]の長男。官名左兵衛尉」。幼名は不詳
 
== 生涯 ==
種子島時尭は[[島津忠良]]の娘を正室に迎えていたが、生まれたのは女子ばかりで、長らく跡継ぎとなる男子に恵まれなかった。そこで[[禰寝尊重]]の娘を側室に迎えて生まれたのがこの時次である。しかし、当時[[島津氏]]と[[禰寝氏]]は対立しており、時尭のこの行為は島津家には裏切り以外の何物でもなく、時尭正室の怒りを買って時尭夫妻は離婚している。
弘治2年(1556年)、種子島氏第14代領主・種子島時尭の長男として誕生。幼名は不詳。
 
種子島父・時尭は[[薩摩国]]の[[戦国大名]]・[[島津忠良]]の娘を正室に迎えていたが、生まれたのは女子ばかりで、長らく跡継ぎとなる男子に恵まれなかった。そこで[[禰寝尊重]]の娘を側室に迎えて生まれたのがこの時次である。しかし、当時[[島津氏]][[禰寝氏]]は対立しており、時尭のこの行為は島津には裏切り以外の何物でもなく、時尭正室の怒りを買って時尭夫妻は離婚している。
[[永禄]]3年には早々と[[元服]]して[[家督]]を譲られ「左兵衛尉時次」を名乗る。その時まだ数え5歳であり、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]において、父存命中にこのような幼少で家督相続するのは非常に珍しい。いかに時尭が時次の誕生を待ち望んでいたかが伺える。しかし、そのわずか2年後に夭折。法号「要法院殿日要大居士」。
 
[[永禄]]3年([[1560年]])には早々と[[元服]]して[[家督]]を譲られ左兵衛尉時次を名乗る。の時まだ数え5歳であり、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]において父存命中にこのような幼少で家督相続するのは非常に珍しい。いかに時尭が時次の誕生を待ち望んでいたかが伺える。しかし、そのわずか2年後に夭折。法号「要法院殿日要大居士」
時次の死後、当時他に男子のいなかった時尭は再び種子島氏の当主となり、険悪化していた島津氏との中も次女が[[島津義久]]の後妻となったことで改善に向かった。
 
ところが、そのわずか2年後の永禄5年(1562年)、夭折。法号は要法院殿日要大居士。時次の死後、当時他に男子のいなかった時尭は再び種子島氏の当主となり、険悪化していた島津氏との中も次女が[[島津義久]]の後妻となったことで改善に向かった。
 
[[Category:種子島氏|ときつく]]