「小山政種」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''小山 政種'''(おやま まさたね)は、[[安土桃山時代]]の[[小山氏]]当主。[[小山秀綱]]の嫡子。母は[[成田氏長]]の娘。異母兄に[[小山秀広]]がいる。
 
天正5年([[1576年]])に[[後北条氏|北条氏]]の[[小山城 (下野国)|祇園城]]攻略によって所領を失った小山秀綱父子は秀綱の娘婿[[岡本禅哲]]を頼って[[常陸国]]に逃れる。禅哲は主君の[[佐竹義重 (十八代当主)|佐竹義重]]に乞うて秀綱父子を同国古内宿(現在の[[茨城県]][[城里町]])に匿った。この頃、政種は秀綱から家督を譲られている。だが、天正9年(異説もある)に14歳の若さで没した(北条氏との戦いで戦死したと言われている)。このため、父の秀綱が再び小山氏当主となった。
 
{{小山氏|19代}}