「ジャンクDNA」の版間の差分

編集の要約なし
{{update|date=2012年9月}}
'''[[ジャンク]]DNA'''(Junk DNA、junk gene ガラクタ遺伝子)とは、[[染色体]]あるいは[[ゲノム]]上の機能が特定されていないような[[デオキシリボ核酸|DNA]]領域のこと。日本の生物学者[[大野乾]]による命名。
 
== 概要 ==
ジャンクDNAは、ゲノム解析の結果「既知の[[遺伝子]]と相同性が見られない」あるいは「相同性が高いにもかかわらず機能するために必須な配列に変異などがあり実際の機能が疑わしい」といった領域が多数発見されたことから、そういった一見してごちゃごちゃしており余分・無駄に見えるような''未解明の領域''に対して付けられた名称であるが、「無駄な領域」「ごみ領域」と言った意味合いでとらえられることが多く、必ずしも適切な名称とはいい難い。
 
また、分子生物学というのはまだ非常に若い学問であり、このような機能の認められていないDNAの領域も、まだ発見されていないような機構で機能しているのかもしれない、という観点から、'''ジャンク'''という言葉は呼び誤りであると認識されている。
 
実際、[[2005年]]現在、新しい研究において、ジャンクDNAがまだ確認されていない機能を果たしているかもしれない、ということが示されている(追記参照)。
 
ほとんどの[[動物|動]][[植物]]のゲノムにおいては、DNAのほとんどの部分において生物学的な役割が分かっていない。
分子生物学的な研究では、[[遺伝子]]がコード化している[[蛋白質]]に関する情報が不完全な時でも、その遺伝子の存在する[[染色体]]の領域を[[オープンリーディングフレーム]](Open Reading Frame; ORF、実際にアミノ酸配列として翻訳される領域のこと)として識別することが可能である。
 
また、ゲノムを扱う科学者は、このような領域の機能や作用機構に関する情報がほとんど得られていない場合でも、それが重要であると仮定することが合理的であると認識している。
 
 
ヒトゲノムのおよそ97%は"ジャンク"であることが示されている。
 
これとは対照的に[[トラフグ]](''Fugu rubripes'')のゲノムサイズは人間の1/10程度しかないが、ゲノムの1/3に有効な遺伝子としてコードされており、ほぼヒトと同数の遺伝子をもっていると考えられている。
 
ちなみに[[玉葱]]のゲノムサイズはヒトゲノムの約12倍であり、ヒトより多くの"ジャンク"をふくんでいると考えられる。
 
このように、ゲノムにおける「機能を持っている(推測できる)領域」と「"ジャンク"な領域」の比率は種によって著しく違うようである。
 
 
など。
 
今のところ、これらの全てあるいは部分的にはかなり信頼できる。ジャンクDNAの多くの部分は遺伝子調節において重要な機能を持っているらしく、例えばヒトの場合、転写されたDNAのわずか2%の部分だけが蛋白質に翻訳される。したがって、ゲノムレベルにおける遺伝子の機能に関する、時代遅れの誤った認識を与える'ジャンクDNA'という用語は使用が避けられるべきものであり、'非蛋白質コードDNA'([[noncoding DNA]])のようなより正確な用語の使用が好まれる。 真の'ジャンクDNA'の領域では変異がランダムに発生し、その発生数も比較的多いだろうと予想されるため、種間での比較によってそれらの領域を識別することができる。
 
ジャンクDNAを多量に含むということは、細胞分裂(DNAの複製)の際に役に立たないヌクレオシドを作成するために多くのエネルギーが浪費されることにつながり、生命にとっては重荷となる。
そのため、進化論的な時間のスケールにおいて'ジャンクDNA'の量は、自然選択における懲罰的な損失を被る事なく利用可能なエネルギーおよび物質量を維持できるような水準に、削除的な変異によってが削減されると考えられる。
 
発見された時ほど多量とは考えられていないにせよ'ジャンクDNA'が存在しているという事実は、ポピュラーな科学で一般的に考えられている、よりエネルギーを維持するような[[自然選択説|自然選択]]の要求がそれほど厳しくないことを示唆している。
 
*[[一塩基多型]]
*[[偽遺伝子]]
 
 
英語版より
# Mattick, John S. (2004) "The Hidden Layer of Noncoding RNA: a Digital Control System Underpinning Mammalian Development and Diversity", HGM Symposium 2004 Session 4/16. ([http://hgm2004.hgu.mrc.ac.uk/Abstracts/Publish/Symposia/Symposium04/hgm16.html 概要])
 
[[Category:{{オキシリボ核酸|フォルトソート:しやんく]]DNA}}
[[Category:染色体|しやんくDNAデオキシリボ核酸]]
[[Category:染色体]]
匿名利用者