「バットマン: ダークナイト・リターンズ」の版間の差分

:核発射のニュース、停電、飛行機の墜落、火災、巻き上げられた塵による太陽光の遮断、それに伴う寒冷化と立て続けに災害に見舞われたゴッサムはパニックに陥る。バットマンは、「バットマンの息子」や刑務所に収容されていたミュータント団の残党を従えて自警団を結成、街の混乱を鎮めるべく奔走する。
:一方スーパーマンも核爆発のダメージから回復し、[[戒厳令]]を敷いた大統領は、バットマンを管理下におくべくスーパーマンをゴッサムに再び派遣する。
:バットマンはスーパーマンとの対決に両親が殺された路地を選び、様々な兵器を用意してスーパーマンを攻撃する。ほとんどの兵器はスーパーマンに通用せずピンチに陥るが、本当の切り札は[[グリーンアロー]]が放ったクリプトナイトの矢であった。形勢逆転したバットマンはスーパーマンを打ち倒し、心停止して倒れる。時を同じくして、ケイブを自爆させたアルフレッドも静かな死を迎えるのだった。
:その死によって正体が明らかとなったブルース・ウェインの葬儀に様々な人が訪れる。列席者の中にはクラークの姿もあった。埋葬が済み、立ち去ろうとしたクラークはバットマンの墓から密かな心臓の鼓動を聞く。
 
匿名利用者