「コジマ・KE007」の版間の差分

画像、コモンズ、ニュース
(画像リンクの追加 Kojima KE007 front-left 2013 Yurakucho.jpg)
(画像、コモンズ、ニュース)
[[ファイル:サンプル.jpg]]{{レーシングカー
|マシン名 = コジマ・KE007
|画像 = Kojima KE007 front-left 2013 Yurakucho.jpg
|画像説明 = (2013<!--ファイル名の間違いで20142月撮影)だと思います→2013年撮影-->
|カテゴリー = [[フォーミュラ1|F1]]
|コンストラクター=[[コジマエンジニアリング|コジマ]]
 
=== シャーシ ===
[[ファイル:Kojima KE007 front-suspension 2013 Yurakucho.jpg|thumb|right|200px|フロントサスペンション]]
[[シャーシ]]は一般的なアルミ製のバスタブ式[[モノコック]]であるが、一部に軽量化のため[[チタン]]や[[マグネシウム]]を併用しており、車重は最低重量規定の575kgに近い578kgに抑えられた<ref name="Modelp68">『F1 MODELING-1976富士F1グランプリ 』、p68。</ref>。角パイプの溶接式が一般的なフロントバルクヘッドを、アルミの削り出しとしたのが特徴<ref name="MGp18"/>。
 
 
=== エンジン ===
[[ファイル:Kojima KE007 rear-section 2013 Yurakucho.jpg|thumb|right|200px|リアセクション]]
駆動系は[[フォード・コスワース・DFVエンジン]]に[[ヒューランド]]製5速[[トランスミッション|ギアボックス]]を組み合わせるという、1970年代の標準的なパッケージ。当時のDFVエンジンは馬力が465ps/10,500rpm程度<ref>『F1 MODELING-1976富士F1グランプリ 』、p85。</ref>、価格は本体が650万円(周辺機器込みで850万円)だった<ref name="AS1128p30">黒井「F1ドライバーたちを震撼させた日本人 長谷見昌弘伝 第3回」『オートスポーツ』2002年11月28日号、p30。</ref>。
 
 
=== ボディ ===
[[ファイル:Kojima KE007 top-front 2013 Yurakucho.jpg|thumb|right|200px|上方より]]
ボディカウルは[[炭素繊維強化プラスチック|カーボンファイバー]] (CFRP) 製。当時はウィングなど部分的にカーボンパーツの導入が進んでいたが、カウル全面に採用したのはコジマが初めてである<ref name="MGp21">大串「33年目にして解き明かされる コジマF1の真実」、p21。</ref>。ただし、現在主流のドライカーボンではなくウェットカーボン製法だった<ref name="MGp21"/>。
 
 
== スペック ==
[[ファイル:Kojima KE007 right 2013 Yurakucho.jpg|thumb|right|360px|側面より]]
* シャーシ構造 [[アルミニウム]][[モノコック]]
* [[サスペンション]]
 
== 保存状況 ==
[[ファイル:Andretti Lotus 77.jpg|thumb|right|260px220px|[[2007年日本グランプリ (4輪)|2007年日本GP]]で展示されたKE007(画像奥の車両、#51)。手前は[[ロータス・77]] (#5) ]]
その後、マシンは[[ヒーローズレーシング]]を経て転売を繰り返し、長く行方不明となっていた。
 
 
このマシンに関して、修復者と製作者の間では説明が異なる。栃林は発見時に各部を撮影した写真を小嶋や小野に見てもらった結果、本物のKE007であると確認が取れたと述べている<ref>栃林「帰ってきた007 いま甦るコジマF1 IV」、p214。</ref>。一方、小嶋は[[スーパーカー]]ショーの展示用に余っていたF2のモノコックやパーツを組み合わせてF1のボディを乗せたもので、KE007や[[1977年日本グランプリ (4輪)|1977年日本GP]]で[[星野一義]]がドライブしたKE009は行方不明と述べている<ref>大串「33年目にして解き明かされる コジマF1の真実」、p22。</ref>。<!-- どちらの主張が正しいか判断することは「独自研究」となるので差し控えます -->なお、クラッシュしたモノコックは現在も近藤レーシングに保管されている。
 
2013年には、1976年シーズンのチャンピオン争いを描いた映画『[[ラッシュ/プライドと友情]]』(原題:Rush)が日本公開され、ジャパンプレミアが行なわれた東京の[[有楽町センタービル|有楽町マリオン]]でKE007が一般展示された<ref>"[http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=54215 関東初お披露目、有楽町にコジマKE007が登場]". オートスポーツweb.(2014年1月31日)2014年3月4日閲覧。</ref>。
 
== 脚注 ==
 
== 外部リンク ==
{{Commonscat|Kojima KE007}}
* [http://www.vehicle.city.hiroshima.jp/VEHICLE_HP/Contents/02_tennji_annai/0203_kako/2009/1/kojima%20KE007.htm コジマ KE007] - [[広島市交通科学館]]で展示された時の画像
* [http://www.speedshopkubo.com/thelivinglegend/2011/11/1976f1-1.html 伝説のF1日本グランプリ(前編)][http://www.speedshopkubo.com/thelivinglegend/2011/12/1976f1-2.html (後編)] - 元コジマメカニック久保靖夫の証言
 
11,821

回編集