「ポツダム」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:Potsdam - Schloss Sanssouci.jpg|thumb|300px|サン・スーシ宮殿]]
 
'''ポツダム'''({{Lang|de|Potsdam}})は[[ドイツ|ドイツ連邦共和国]]東北部に位置する郡独立市。[[ブランデンブルク州]]の州都である。人口は約15{{formatnum:{{#expr:{{Population GER-BB| 12054000}}/10000 round 0}}}}万人。旧[[ドイツ民主共和国|東ドイツ]]領。東ドイツ時代は、ポツダムを県都とする[[ポツダム県]]が置かれていた。
 
== 地勢・交通 ==
[[ベルリン]]の西南近郊に位置し、ベルリンの中心街から約26kmである。ベルリンから[[ベルリンSバーン|Sバーン]](S-Bahn、近郊列車)で行くことができる。[[フェル川]]が流れ、いくつかの互いにつながった湖がある。
 
== 歴史 ==
ポツダムは"Poztupimi"と呼ばれる[[スラヴ人]]の村として[[7世紀]]に設立された可能性が高い。名前の意味は「樫の木の下」と思われる。[[993年]]に最初に文書に記述され、[[1317年]]までは小さな町として記述されていた。[[1345年]]に都市特権を得た。[[1573年]]のポツダムは、人口2000人程度の小さな市場町であった。[[三十年戦争]]によって、ポツダムは人口の半分近くを失った。
 
ポツダムの命運が劇的に変わったのは、[[1660年]]に[[:en:Brandenburg-Prussia|ブランデンブルク=プロイセン]]の[[選帝侯]][[フリードリヒ・ヴィルヘルム (ブランデンブルク選帝侯)|フリードリヒ・ヴィルヘルム]]の狩猟館として選ばれてからである。その後、[[ホーエンツォレルン家]]の宮殿が置かれるなど[[プロイセン公領|プロイセン公国]]の拠点の一つとして発展した。[[1685年]]、[[フランス]]で[[ルイ14世 (フランス王)|ルイ14世]]が[[ナントの勅令]]([[1598年]]に定められていた宗教寛容令)を廃止して[[ユグノー]]の迫害を図ると、プロイセンは{{仮リンク|ポツダム勅令 (プロイセン)|en|Edict of Potsdam|label=ポツダム勅令}}を発表した。これにより、ポツダムはヨーロッパ移民の中心地となった。フランスのユグノーの亡命者のほか、[[ロシア]]、[[オランダ]]、[[ボヘミア]]などから、移民がやってきた。移民をひきつけたのは、勅令によるその宗教的な自由度である。
 
その後、街は[[ホーエンツォレルン家|プロイセン王家]]の居住地となった。王家の壮大な建造物は、[[18世紀]]半ば、主に[[フリードリヒ2世 (プロイセン王)|フリードリヒ2世]]の治世の間に建てられた。そのうちの一つが、[[庭園]]と[[ロココ様式]]の内装で有名な[[サンスーシー宮殿]]である。他には、[[:en:New Palace (Potsdam)|新宮殿]]や[[:en:Orangery Palace|オランジェリー宮殿]]がある。
 
== 観光 ==
[[ファイル:Potsdam view from above.jpg|thumb|300px|ハーフェル川に繋がる湖]]
[[1745年]]に[[プロイセン王国]]のフリードリヒ大王が造営した夏の[[離宮]]サンスーシ宮殿や、第二次世界大戦末期の1945年にポツダム会談が行われた[[ツェツィーリエンホーフ宮殿]]などが、[[1990年]]に「[[ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群]]」として[[国際連合教育科学文化機関|ユネスコ]]の[[世界遺産]](文化遺産)に登録された。
 
== 関連 ==