「円偏光二色性」の版間の差分

m (+cat)
 
==円偏光二色性スペクトル==
円偏光の波長に対して、円偏光二色性の大きさ(通常はモル吸光係数楕円率)をプロットしたものを'''円偏光二色性スペクトル'''(あるいは'''円二色性スペクトル'''、'''CDスペクトル''')という。
 
円偏光二色性スペクトルが正のピークを持つとき、これを'''正のコットン効果'''(Cotton効果)、負のピークを持つときこれを'''負のコットン効果'''という。
匿名利用者