「尼子季久」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
{{出典の明記|date=2014年3月6日 (木) 01:12 (UTC)}}
{{wikify|date=2014年3月6日 (木) 01:12 (UTC)}}
尼子 季久(あまご すえひさ?ときひさ?、天文11年?(1543年?) -?)は、戦国時代の人物。尼子氏の家臣。尼子誠久の三男で、兄弟に尼子氏久・尼子吉久・尼子常久・尼子勝久・尼子通久がいる。
天文23年(1554年)、主君・尼子晴久により、祖父・尼子国久と父・尼子誠久らが殺された後、兄弟らは新宮館で殺された。
匿名利用者