「ロードカナロア」の版間の差分

[[ドバイゴールデンシャヒーン]]より招待状が届いた事により出走が検討されていたが、長距離輸送のリスクと前年、高松宮記念を惜敗している事などからドバイは見送り、[[阪急杯]]で始動後、高松宮記念へ向かう事が発表された。そして緒戦の阪急杯では海外勝利からの凱旋ということもあって圧倒的な1番人気となり、人気に応えて優勝した。続く3月24日の本番の高松宮記念でも、1.3倍の1番人気に支持された。レースではスタートで少し出遅れた為、中団より進める形となるが最後の直線で追い出されるとすかさず加速し、逃げ粘る[[ハクサンムーン]]をかわして先頭に立つと、外より追い込んできた[[ドリームバレンチノ]]に1馬身1/4差をつけて快勝。日本調教馬として初のスプリントGI3勝馬となった。
 
高松宮記念の後、標的を安田記念に定めた。マイル戦でのレースは3歳のジュニアカップ以来、2年半ぶりであった。1番人気に支持されたものの、マイル適性に不安があったことからオッズは4.0倍となる。本番では中団待機から直線で馬場の真ん中を割るように抜け出し、逃げ込みを図る[[ダノンシャーク]]を捉えて先頭に立つと、追撃する[[ショウナンマイティ]]にクビの差をつけて1着となり、GI通算4勝目を挙げると共に、現行の春季短距離・マイルGI路線の体系となってから初めて高松宮記念と安田記念を連勝した馬ともなった<ref>[http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2013/06/02/kiji/K20130602005930580.html 【安田記念】ロードカナロアV 短距離王がマイルも制す] スポーツニッポン 2013年6月2日閲覧</ref>。
 
秋緒戦となった[[セントウルステークス]]は、3ヶ月の休み明けに加え58kgの斤量もありハクサンムーンの2着に敗れる。そして9月29日のスプリンターズステークスに出走、[[サクラバクシンオー]]以来19年ぶりとなる連覇を果たした。その後は[[マイルチャンピオンシップ]]を回避、12月の香港スプリントを引退レースに選択、レースでは後続に6ハロン戦としては異例の5馬身差をつける圧勝で日本馬としては史上初の連覇を果たし有終の美を飾り、2013年はセントウルステークス以外はすべて優勝する準パーフェクトの成績を残した。翌2014年1月7日、2013年度の[[JRA賞年度代表馬]]及び[[JRA賞最優秀短距離馬|最優秀短距離馬]]に選出された。最優秀短距離馬の年度代表馬は1998年度の[[タイキシャトル]]以来2頭目である。
匿名利用者