「恒温動物」の版間の差分

 
=== 慣性恒温性と運動による恒温性 ===
大型の魚類や爬虫類で体温変動が少ない物を「慣性恒温性」として区別することが多い。しかし、鳥類やほ乳類でも大型の物の方が体温が安定しているのが普通である。慣性恒温性([[:en:Gigantothermy|Gigantothermy]])とは体温調節能力がなくても(変温動物であっても)体格が大きければ、比較的安定した高い体温を保てる、という意味であり、巨大な体温が安定した生物はGigantothermy慣性恒温性動物(Gigantotherm)であるという意味ではない。
 
また、当初は単なるGigantothermyGigantothermであるとされたウミガメ類もそこから類推されるよりも体温が安定しており、低温の餌を食べても深海の低温部に潜っても体中心部の温度はほとんど変動しない。このことから、現在ではウミガメ類に体温調節能力がないとは考えられておらず、[[オサガメ]]ではその体温調節機構もかなり詳しく調査されている。[[ウミガメ]]や[[ネズミザメ]]を慣性恒温性動物として区別するのならば、その10〜100倍以上の体重を持つ[[ゾウ]]や[[クジラ]]は慣性恒温性動物として区別されねばならない。また、[[ゾウガメ]](大抵の[[ウミガメ]]より重い)、[[イリエワニ]](大抵の[[マグロ]]や[[ネズミザメ]]よりも重い)のように大型でも体温が安定しないものもある。大型[[サボテン]]類は100kg以上の生きた部分を持つものも多いが体温は安定しない。産熱部分である体格が大きいことは相対的な低温下で体温を保つ上で有利ではあるが、それだけで体温を保てるものではない(数百リットルあっても風呂の湯はすぐ冷めることを思い出して欲しい)。むしろ、体温維持能力を持たないのに大きな体格を持った場合、寒冷な季節にいったん体温が下がると回復がかえって困難である(熱容量が大きく日光浴程度では体温が上がらない→体産熱も増えない→活動を開始できない)。逆に温暖な季節ではそのような巨大な体格では放熱がうまくいかず熱死してしまう。
 
つまり、温度が比較的一定した条件、もしくは寒暖が短期間で交代し熱慣性が大きければ許容体温の範囲内で収まる条件でないと熱慣性に頼った恒温性は機能しない。現実にも、変温動物では北方ほど小型化することが多く([[ベルクマンの法則|逆ベルクマンの法則]])、[[ニシキヘビ]]や[[ワニ]]のような活動的な大型の変温動物は熱帯や亜熱帯に分布しており、寒冷な地域には分布していない。つまり恒温性大型動物を慣性恒温性動物として区別する意義はほとんどないであろう。
匿名利用者